2017ニューヨーク夏旅11 ブルックリン食べ歩きモデルプラン

タイトルみたいなことを

真似してくださる方がいるかどうかは別にして・・・。


「ニューヨークの代官山みたいな感じ」

それを言うなら、

代官山が東京のブルックリンなんじゃないか?

という、どうにもすっきりしないおすすめ理由で

初めて、ブルックリンのウィリアムバーグを

じっくり歩いてみました。


まずは、すでに書いた

朝9時 UberでMarlow & Sons へ直行!

2017marlow2.jpg


おいしい朝ごはんを食べてから


2017brooklyn1.jpg

East river沿いをプラプラ歩き、


2017brooklyn2.jpg


Grand St あたりから Bedford Av.方面へ。


2017brooklyn5.jpg


オープンし始めたお店をちらほら見つつ


2017brooklyn8.jpg



再び川へ向かって

11時オープンの

フードマーケットSmorgasburg(土曜のみ開催)へ。


2017Smorg1.jpg


ビールと一緒にいろいろつまんでから


2017Smorg2.jpg


Artists & Fleasでお土産を物色


今度はWytheAv.をふらふらあるいて、

ケーキを買ってみたり、ウィスキーバーをのぞきながら


2017brew2.jpg


30分ほど並んで

Brooklyn Breweryで、出来立ての生ビール!!

を飲んだのが午後3時くらい。


新しくできた、William ValeHOTELを

指をくわえて眺めつつ・・・。


2017wythe1.jpg

ウィリアムバーグのシンボル

Wythe Hotelをちらっと見るつもりが、

勢いあまってレストランで早めのディナー。

2017wythe2.jpg


WyhteAv.を戻り、

Bedford Av.駅から地下鉄に乗ったのは

午後4時。

7時間、3食&ビール3杯の食べ歩きを終えて

マンハッタンに戻りましたとさ。


それぞれのくわしいことは、

追って書きます。







スポンサーサイト

2017ニューヨーク夏旅10 ♪サイクリング♪サイクリング Citybikeに乗ってみた!

♪サイクリング、サイクリング、ヤッホーヤッホー


って、知ってる人も少ないか。


P1010723.jpg


今回は、やってないことをやってみる旅!

一度乗りたかったシティバイクに乗ってみました。


バイクステーションに設置されてる自販機みたいなマシンに、

携帯番号を入れてカードをピッとすると

ショートメールに暗証番号が届きます。

この番号で、自転車の鍵をはずせる。

12ドルで、1回30分、1日乗り放題。

30分ごとに、バイクステーションに返却して、

また借りるのがめんどうといえばめんどう。

ステーションの場所は、

GoogleMapにCitybikeといれれば出てきますが、

地図が頭に入ってないと、探すの結構大変です。


チャイナタウン近くのCanal Stで借りて、

ブロードウェイをセントラルパークまで

北上するつもりだったんだけど。


2017chari1.jpg


問題は、、、
自転車が体のサイズにあってない。
でかい・・・。足が届かない・・・。
背中から「不安」がにじみ出てますね。
まっすぐ走るのは安定しますが、
信号で止まって走り出すたびに悪戦苦闘。
車道を走るので、ふらふらすると怖いよね
(運転手さんが)
 
30分のタイムリミット、
SOHOでお返ししました。
 
Citybikeのみなさま、アジア人向け小型車導入をおすすめします。





2017ニューヨーク夏旅10 NY発おしゃれアイス事情

2017ice1.jpg


今や、SarabethやShake Shackはじめ、

ニューヨークの美味しいものがどんどん東京で食べられる!!


これは、まだでしょう!と

友人が連れて行ってくれたのが

チャイナタウンにある10Below


いつもは大行列なんだとか。

この日は、すぐに入れてラッキー!!


いくつかあるメニューから、

クリームに混ぜ込むアイテムを選び(私はチップス)

ます。


すると、こんな風に目の前で

冷たい板の上にクリームを延ばして

平たいアイスシートを作って、

くるくる巻いてくれます。



201710below.jpg


完成したらトッピングを選んでできあがり。


韓国系のオーナーがタイの屋台のアイスをヒントに始めたらしいです。

今、ニューヨークでは、

こういうオリジナリティがあるとヒットする。

ふつうのお店はなかなか厳しい、んだそうです。


ですよねー。こんなおばちゃんでも、

思わず動画が撮りたくなりますもの。



もちろん見た目だけじゃなくて、

クリームはコクがあるし、

トッピングのフルーツもフレッシュでおいしかった。

飲茶でおなかいっぱいだったのに、

ぺろりと食べちゃった。

(ちなみに、飲茶はこちらNom Wah Tea Parlor

  激ウマでした。写真を撮らなかったのが悔やまれます)


こんなアイス、日本にはまだないでしょ。

フフフ、と、帰国後みんなに自慢してたんですが、

どうやら日本上陸らしい!おそるべし。






2017ニューヨーク夏旅9 good morning NY!!朝ごはん特集。


2017marlow1.jpg

初登場!!
絶品!!スコーン!!
クロテッドクリームと、いちごジャムを
たっぷりつけて召し上がれ。
こちらのお店です。

2017marlow2.jpg 

ブルックリンのMarlow & Sons
有名なステーキハウス ピータールーガーの目の前。
マンハッタンからはちょっとかかるので、Urberでいっちゃいましたが
車飛ばして食べに行くだけの価値あり!!

とにかく、お店が可愛くて、
まるごと持って帰りたいよー。
外もかっこいいけど、暑いので、奥の席に座りました。

2017marlow4.jpg 


友人絶讃のスコーンと、ホットチョコレートで$10.89
スコーンというか、ビスケットだけど、
外は、カリカリ。中はしっとり。
ジャムもいいけど、クリームが美味しいですね。
コーヒーが飲めないので、ちょい口の中が甘くなりすぎですが。

2017marlow3.jpg 

カジュアルだけどオシャレな人が来ますね〜。
犬までかっこいい〜。


2017nyessa.jpg 

こちらは、定番のEssa Bagel
サーモンとクリームチーズ、いろいろ入りで、$13.75
高い!と思うけど、でっかくてボリューム満点なので。
許して〜。
別の日に、オムレツサンド(ハーフで$3.7お得!!)も食べたんですが
サーモンの方が断然美味しかった!!

週末は大行列ですが。並んでも食べたい、ニューヨークの定番です。

2017elin1.jpg

 2017elin2.jpg

マジソンAve.で見つけたパン屋さんで買った
プチパンとサーモンケーキをホテルのお部屋で。
けっこう有名なお店だったみたい。
どちらも美味しかった!!
食いしん坊の勘はすごい!!
フルーツは近くのデリで買いました。
ささっとすませるには、
こういう朝食もいいですよね。

?奥に写るグラスは?ひょっとして?
朝から????

2017 ニューヨーク夏旅8 ニューヨークで絶対食べたいもの3つ

帰ってきたよ!ニューヨーク。

って気分になれる、お気に入り3品。
このブログにもなんども登場してますが、
これを食べるために飛行機に乗った、
と言っても言い過ぎじゃないので。

2017MERCER1.jpg 

まずは、SOHOのMERECER KITCHEN
朝だけど、yelpで予約してからいきました。

2017MERECER4.jpg 

エッグベネディクトとジュースとコーヒー$39.2 

2017MERECER.jpg 

2017MERCER2.jpg 

窓が大きくてシンプルで、
この雰囲気が私のニューヨークのイメージなんだけど。
ちょっと流行はすぎちゃったのかな。
お皿とか古い感じがしたなあ。

次は、次は、SARABETH
SATC世代憧れ!!ですが、もう老舗ですよね。
チェーンになってるし。日本にもあるし。
今回は美術館巡りのあと、EAST店でランチ。

2017SARABETH1.jpg 

2017vervet.jpg 
ベルベットトマトスープ、これが食べたかったんだけど
もっと熱々がよかったなあ。。。

2017SARABETH2.jpg 

そして、ポットパイ。
は、アメリカ人好みのパサパサの胸肉。
ローズマリーたっぷりだけど、塩を足さないとちょっと辛い。 

2017SARABETH# 

昼から優雅にワインまで飲んで、$53.35。
雰囲気はいいけど、
正直言うと、味が落ちたかも・・・。

最後は、どうしても食べずに帰れない
早く日本に来ないかなあ!!

2017JOINT.jpg 

お約束のチーズバーガーとビールIPAとポテト $23.51
こちらは、期待を裏切らない美味しさ!!
日本語のシートに
メニューと焼き方をチェックするだけでオーダーできる!!
進化してるなあ。
今回は2回行って、1回はミディアムレアにしてみましたが、
やはり焼き方はミディアム!!よく焼きが最高です。


2017 ニューヨーク夏旅7 トライベッカでふらりイタリア〜ン @ terra

7月4日は、アメリカの祝日です。
独立記念日です。

お店はセールの最終日なので、
80%、90%オフは当たり前!
みたいなことになっててびっくりですが。

地下鉄は休日ダイヤだったり、
ラインによっては運休だったり。
レストランはお休みだったり、早く閉まったりします。

常識なのかもしれませんが・・・

何が言いたいかというと、
ウォール街のセンチュリー21で買い物しまくったあと、
トライベッカで晩御飯したかったのに、
教えてもらったお店がのきなみお休みで
ごはん難民になってしまったわけです。。。

街は素敵なんだけど。

2017terra1.jpg 

2017terra2.jpg 

暑いし、お腹すいたよー。

なんの下調べもないのですが、
あいていたこちらのお店へ。

2017terra3.jpg 

terra

さすが、食いしん坊の野生の勘!!
スマホで見るとYelp の星も高いじゃん。

2017terra11.jpg 

雰囲気も素敵。

2017terra6.jpg 

ワインバーなので、まず、グラスでワインを。

2017terra5.jpg 

シャルドネ。
冷えてておいしいよー。
突き出しのオリーブもおいしいよー。

2017terra7.jpg 

お腹すいてるから2品くらい食べられるかなあ。

前菜は、モッツアレラサポリタ!

2017terra8.jpg 

フレッシュなモッツアレラを生ハムで包んで、
バルサミコソースをかけてある。
さっぱりしてるけど、チーズとハムのコクがたっぷり。

パスタは、
バーテンのお姉さんおすすめの、パッパルデッレのボロネーゼ。

2017terra9.jpg 

ボロネーゼじゃつまらないかなあと思ったけど。
ソースは生クリーム入りで、凝ってるし。
パスタは生麺でアルデンテ。
アメリカのイタリアン、もうバカにできません。

閉めて$54.44 チップ入れたら60ドル以上・・・。
やりすぎ感もありますが。

ロゼをもう一杯のんで外に出ても、

2017terra10.jpg 

まだ明るい。きもちいい!!
夏のニューヨークの夜は更けない。



2017ニューヨーク夏旅6 ニューヨークはサラダもロボットがつくる。 eatsa

今回、ニューヨークに行って驚いたのは、
ますますクレジットカード社会になってた!!
ほんの3年で変わりますねえ。

1ドル、2ドルでも、カードOK
カードはお店の人に渡さず、自分でリーダーに読ませます。
スキミング対策?ですよね。

そして、アプリ化。スマホ化
博物館、ミュージカルも、レストランも、デリバリーも、UBERも
なんでもアプリ。なんでもスマホ。

その代表選手がこれ!!

2017eatsa1.jpg 

eatsa
無人のサラダバーなんです。
サンフランシスコ発祥らしいですね。
お店に入ると、だーれもいなくて
(わからないとき助けてくれるスタッフは2人いました)
こんなマシンが並んでいます。

無人といえど、清潔。明るいから、安心。

メニューからサラダボールを選ぶか、
自分でアレンジするかして、
クレジットカードで支払うと、、、

2017eatsa2.jpg 

こちらの、コインロッカーみたいなボックスから

2017eatsa3.jpg 

ジャーン!!
できあがったサラダがでてきます。
待ち時間およそ3分。

裏で誰かが作ってるんでしょ?とか言わないの。
ほんとに、自動みたいですよ。

お店のカウンターで食べてもいいし、テイクアウトもOK。

2017eatsa4.jpg 

ホテルのお部屋で食べました。
キヌアたっぷりのハワイアンサラダ。6.95$
味はともかく、、、1ボール600cal前後と、分量がはんぱない。

未来ですよ。これ、未来です。







2017ニューヨーク夏旅5 カフェ巡り@マンハッタン

東京も、カフェブームですが。
ニューヨークは、サードウェーブ系のカフェが
あちこち、にょきにょき増えいる!!

水出しコーヒーも飲めるという、BirchCoffee
私が行ったのは、Sohoのお店。

2017cafe1.jpg 

体調によりカフェイン禁止だったので
(なのに、カフェ巡りしてる・・・)
カフェインレスの飲みのもをお願いすると・・・

2017cafe2.jpg 

なんだかよくわからないけど、多分コーヒー豆のお茶がでてきました。
ほの甘くて、すっきりおいしい!!

2017cafe3.jpg 

ちっちゃなお店なんだけど。
窓が大きくて、とても居心地がいい。
ここで、パソコン開いて仕事したらはかどりそう?!

ただし、トイレはないので、長居はできません。
親切なお姉さんが、いちばん近くのパブリックなトイレは
アップルストア!と教えてくれました。

こちらもチェーンの一つですが、ホテルの中にあって雰囲気がすてき。
チェルシーのハイラインホテルの中にあります。

2017cafe5.jpg 

ホテルの門をはいって、この扉をぬけると
2017cafe6.jpg 

こんな感じ。ソファーに自由に座れます。
おしゃれすぎる・・・

2017cafe4.jpg

2017cafe9.jpg

残念ながら、またまたハーブティだけど、、、
333というのをいただきました。( 4.5ドル)

2017cafe7.jpg 

近くには、ホイットニー美術館、チェルシーマーケット、
ハイラインがあります。
次は泊まってみようかなあ。

2017cafe8.jpg 


番外編は、
Juice Generation
街中には、コールドプレスジュースのお店もいっぱいあります。
暑かったので、助かった!!

2017cafe10.jpg 

注文するとその場でおにいちゃんたちが作ってくれます。

2017cafe11.jpg 

シトロンビタミンC。(6.97ドル)
日焼けしたので、ビタミン補給しましたー。



2017 ニューヨーク夏旅4 LOVE BEEF @ キーンズステーキハウス

肉食べたい!

ニューヨークで何をしたいか聞かれて、
こう言うと、
みんなちょっと頭をひねりますね。
もちろん、美味しいステーキハウスはいっぱあるけど、
一人で、予約とって、食べるとなると。
まあ、どこでも拒否はされないので、
肉欲がハートに勝てば大丈夫なんですが。

Keens Steakhouse

ここのランチには、
プライムリムサンドがあるからいいんじょない?と紹介されました。
予約は必要だけど、Open Tableを使えば、
電話でどきどきする心配もなし!!

地下鉄で34丁目へ。駅から歩いて5分もかかりません。

2017keens1.jpg 

表はこじんまりしてるけど、
中に入ったら、暗くて本格的。
これ、一人で来るお店だったのかしら?と
一瞬、ハートが縮みましたが・・・。

堂々とにこにこしてれば、
多少の英語の訛りは問題にならないのがニューヨーク。
見かけもりっぱな中年ですしね・・・。

まるで常連客のように、
プライムリブサンドイッチを選び、
「焼き方はミディアムで」と注文しながら
「ちょっと野菜も食べたいんだけど」と聞くと
ベイクドベジタブルのハーフサイズをおすすめしてくれました。

ワインは、カベルネ キーンズシャトー(カリフォルニア?)
ちょっと甘かったなあ・・・

そして。

来たよ!

2017keens2.jpg 

すごい!
こりゃあご馳走だ。

2017keens3.jpg 

お肉は赤身なので、見た目ほどボリュームはなく。
よく焼きなので、レアでもよかったかな?と思いつつ。
ホースラディッシュをやまほどつけていただきました。
ポテトには、ハインツをたっぷりつけて。
パンもアメリカに来て1番くらいおいしい。
パリパリ!このサンドイッチなら毎日食べられるー!

野菜は、
アーティチョーク、アスパラ、マッシュルーム、にんじん、パプリカ。
甘くて美味しい
サンドイッチの付け合わせの玉ねぎも美味しいよー。

食後のデカフェまで飲んで49ドル。チップ入れ55ドル。

2017keens4.jpg 

周りの人のお皿を眺めると、
ステーキはボリュームたっぷり!!
ディナーに来るなら、やっぱり誰かと一緒にこないとねー。

2017ニューヨーク夏旅3 マンハッタンの中のヨーロッパ@クロイスターズ

一度行きたかったんだけど、
ちょっと遠いので、
なかなかチャンスがなくて。

初めていきました。

METの別館 クロイスターズ

本館と同じ日に行けば、同じチケットで入れるんだけど・・・
今回もネットでチケット買って25ドル

10時半ごろホテルを出発して
地下鉄で(A線の190St駅で降ります)で1時間くらいでつきます。

190st駅からは、徒歩またはバスですが、
徒歩の場合は、公園の中を歩きます。

2017chrois1.jpg 
川沿いで緑豊かで気持ちいい。マンハッタンの中とは思えない!!

2017chrois2.jpg 

たらたら歩くと15分くらいかかりますが、 ぜひ歩いてほしい!

看板通りに進むと、、、、到着しました。

2017chrois3.jpg 

フランスの中世の建物をいくつかつなぎ合わせて

2017chrois4.jpg 

修道院風にしているそうなので、
ヨーロッパの歴史に詳しい人には、
まがいものに見えるそうですが・・・

2017chroi12.jpg 

ちょっと、フランス?イタリア?気分。
アメリカにいて、中世ヨーロッパ体験できます。

2017chrois5.jpg 

2017chrois6.jpg

有名なのは、ユニコーン、そしてこのドラゴンのフレスコ画

2017chrois7.jpg 

こういうのは、美術館の額の中で見るより、
まがいものでも本物の建物で見た方が雰囲気がわかります。

地下のお棺やステンドグラス、
2017chrois13.jpg 

小さな十字架や象牙細工もすてきでした。

あと、お庭が最高ですね。

2017chrois11.jpg 

2017chrois8.jpg 

回廊にあるカフェでものんびりしてしまいました。
オレンジジュース4.75ドル

2017chrois9.jpg 

さて、帰りは
地下鉄だと景色がまったく見えなかったので、バスにします。
時間を調べておいて、
美術館からM4のバスでのんびりー中心部まで(1時間半かな)

2017chrois14.jpg 

ワシントンハイツやハーレムの下町あたりを通り、

2017chrois15.jpg 

トリニティ墓地、コロンビア大学、ニューヨーク大聖堂と、

2017chrois16.jpg 

2017chrois17.jpg 

セントラル・パークからミュージアムマイルへ。
Googlemap見ながら、名所巡り。
路線バスを勝手に観光バスにしてすみませーん。


<script type="text/javascript" src="//11008269.ranking.fc2.com/analyze.js" charset="utf-8"></script>

2017ニューヨーク夏旅2 絶景かな!@One World Observatory

現地の友人に、おすすめは?と聞いたら。

こちらを勧められました。


2017oneworld0.jpg 


確かに、

工事中のとき見に行ったきりだな。


One World Observatory


ワールドトレードセンター。

初めて来たけど面白い建物ですねー。

2017oneworld2.jpg 


2017oneworld1.jpg 


ミケランジェロのイベントやってるのも面白い。
メモリーといいつつすっかり商業業施設。
911なんかなかったみたいだなあ。

と横目にみつつ、タワーへ向かいます。
観光客は並ぶ時間も惜しい!!ってことで、
プライオリティで予約しました。56ドル。
時間指定もだいたいみたい。
1時間まえでも入れました。

エレベーターは50秒。
うそみたいに早い!

最上階に到着すると、狭い部屋に詰め込まれて
ニューヨークの歴史の上映。

2017oneword3.jpg 

これは大したことないんだけど、

2017oneworld4.jpg 

わー!!
スクリーンが開いて景色が見えた時の感動がはんぱない。
ずっと暗かった中から、いきなり明るくなる。心憎い演出です。
 
すごいね。この景色!!
やっぱり、マンハッタンってきれいだなあ。

2017oneworld5.jpg 

アイパッドを15ドルで借りると。
自分が見てる方向の説明が見れます。

2017oneworld6.jpg 

2017oneworld7.jpg 

説明版をなくしてみんなを自由にした。
首からかけるには重いけど。
 
ピザとジュースで軽いランチ。

2017oneworld12.jpg 
 
お天気にも恵まれて。

2017oneworld8.jpg 

自由の女神もよく見えます。

絶景を、心残りなく、堪能しました!!

2017oneworld9.jpg 




<script type="text/javascript" src="//11008269.ranking.fc2.com/analyze.js" charset="utf-8"></script>

2017ニューヨーク夏旅1 すてき・デ・ギャルソン@MET

ミュージカルレビューが終わったところで。

ひと月もたってしまいましたが。旅行記にはいりまーす。

2017MET1.jpg 


REI KAWAKUBO COMMES DES GARCON ART THE IN BETWEEN

各所で絶賛のこちらのエキジビションを

最初に攻略。

チケットはwebページで買っておくと

並ぶ時間がちょっと減ります。

 

とにかく、朝いちばんで美術館に着いて、

朝いちばんに、会場に向かいました。


2017MET2.jpg 

 

最初から、

思わず「かわいいー」とつぶやいて

ガードマンにじろっと見られてしまいました。

でも、つぶやかずにはいられないかわいい服?アート?が

並んでおります。


2017MET3.jpg 


2017MET4.jpg 

 

朝ですいてるから、写真もばしゃばしゃ撮りまくり。

 

川久保さんご本人は、

「私の服には主張がない」とおっしゃってますが。

いえいえ、

ファッションはアートなんだなあ。

何を着るかは主張なんだなあ。
(たとえ、無頓着でもね。それがその人の主張)

Art In the Between
まあ、世の中のものは、なんでも紙一重ってことかなあ
9月3日まで!!ぜひ!!
 
ほかの特別展は、
EMPEROR DESTINY
兵馬俑をニューヨークで見るとはね。
簡単に説明してあるので、わかりやすかった。
日本だと、みんなの常識レベルが高いから
中国の展覧会ってくわしすぎるんだよね・・・。

AEWINGPENN
特によかったのは、労働者を撮ったシリーズ。
我々が学んだ広告写真、ポートレイトの基礎を築いた人だと思う。
デジタルの時代、自撮り時代になって、
ポートレイトは生っぽくなりましたね。

2017MET5.jpg 
 
疲れたのでROOF GARDENでお茶でもと思ったら。
先客が・・・

2017MET6.jpg 
Adrián Villar Rojas の作品。
太陽のもとで見るので、おもしろーいですみますが、
薄暗い部屋にこれがあったら、ホラーですよね。
 
生身の人間は、スタンディングですが。
お茶じゃなくて
昼シャーン!!

2017MET8.jpg 
 
日差しが強すぎて、セントラルパークのお散歩は無理そう。2017MET10.jpg 2017MET11.jpg2017MET12.jpg2017MET13.jpg
 
大好きなスーラとか、
ミュージアムをなめるようにに観て、一日をすごしましたとさ。

2017MET14.jpg 2017MET15.jpg

 

<script type="text/javascript" src="//11008269.ranking.fc2.com/analyze.js" charset="utf-8"></script>

これがミュージカルだ!Hello,Dolly!

日本から予約していった2つのうち、もうひとつが、
 
  
2017dolly1.jpg
今年のトニー賞受賞作品から探したんですが、
ミュージカル作品賞のDear Evan Hansenは秋まで満席。
ベッド・ミドラーの主演で話題!!
リバイバルミュージカル賞をとった
Hello,Dolly!が次の候補になりました。
元祖ミュージカルと言われる名作なのに、
一度も見たことないっていうのもなんですし。
 
ストーリーは簡単に言うと。
仲人業(のようなこと)をしているドリーが、
若者たちの恋のキューピットをしながら、
ドタバタドタバタして、自分も素敵な相手を見つけるというお話し。
(途中経過を書くと、それおもしろい?と思いそうなので省きました)
 
残念ながら、私の夏休みと
ベッド・ミドラーの夏休みが重なってまして。
ドリーは代役なんで、どうしようか悩みましたが。
 
心配ご無用!!
 
主演は代役のドナ・マーフィー。
といっても代役といっては失礼な経歴の持ち主。トニー賞女優!!
驚くほど、かわいかった~。
もう一度恋をして、結婚したい中年女性という役柄には、
ベッド・ミドラーより年齢とかみかけとか
リアルだったんじゃないでしょうか。
 
ドリーのお相手役も、ヴァンデガルドさんもトニー俳優で、今回もノミネート。
ヴァンデガルドのお店の従業員コーネリアス役のギャヴィン・クリールはトニー賞助演男優賞。
コミカルな演技で、いっぱい笑わせてくれました。
衣装もレトロなのに、素敵。やっぱり衣装賞。
 
さすがリバイバルミュージカル賞。
主演女優の名前だけではなく、
演出もダンスもすばらしいので、技術レベルも高い。
英語がわからない部分も、見ててあきない!!
ミュージカルの教科書みたいなミュージカル。
楽しませるところも、笑わせるところも、
そして主要な役それぞれのアリアも。
必要な要素がきちんと詰まって、楽しく並べられてます。
 
古典って、すごいな。古典って、新しくなるんだな。

これと比べると、、、、
ブックオブモルモンも、新しいといっても

古典をベースにしてるよねー。


<script type="text/javascript" src="//11008269.ranking.fc2.com/analyze.js" charset="utf-8"></script>

お手本はドリフ?吉本新喜劇? The Book of Mormon

2017mormon2.jpg

 

出発前に予約したミュージカル2本のうち1本がこちら。

the Book of Mormon @EugineOniel theatre

2011年のトニー賞を総なめにした話題作。

若者を中心に熱狂的なファンができて

チケット、全然取れなかったんですが、

6年も経つと、ブームも落ち着くんですね。

 

 
さて。満を持して観た感想は、、、、
期待と違ったというか、期待以上というか、
面白かった。
モルモン教の話だし、
アメリカ人しかわからないギャグが満載で、
ついていけないだろうし、英語わからないだろうし。
マニアックなんだろうなあ、と思ってたんですが。
 
やっぱり。アメリカの観客はシンプルに面白いものを評価するんですね。
性と、宗教、人種のタブーをギャグにして詰め込みつつ
青年の成長と、友情を、描いた青春ドラマでした。
 
ストーリーは。
初めて、モルモン教の布教にでかける二人。
なんと、派遣先はウガンダ?!
どこだそれ?大丈夫か?ライオンキング?
俺たちで信者を増やすぞー、なんてウキウキでかけた先は、
God Fucking YOU、
神なんか信じられないほど貧しく犯罪がはびこる村だった・・・。

さて。二人組の主人公は、優等生と劣等生。
はじめに劣等生のカニンガムは、出てきたたけで、
なんの説明もなく、あ、ダメなやつとわかる演出で
素晴らしいと思いましたが。
要は、出落ちですよね。
その後も、ちりばめられたギャグの数々。
ずっと笑いました。
2時間半がこんなに早かったのも初めてだし、
英語がわからないのに笑ったし、
時差ぼけで眠かったけど、寝てる場合じゃなかったし。
 
なんだろう。この好きな感じ・・・
そう、ドリフですよ。8時だよ全員集合ですよ。
ギャグじゃなくて、筋立てのあるコントね。
この作家や演出家、
吉本新喜劇やドリフターズを見てるはずです。
好きなはずです。
絶対に参考にしてると思うんですよ。

ブロードウェイとしては新しかったと思いますが、
ドリフ世代としては、見慣れたコント芝居。

そうか。アメリカの若者たちは、
21世紀になってドリフに目覚めたのか。
ハハハ!!話が合いそうだな!!
 
2017mormon1.jpg



<script type="text/javascript" src="//11008269.ranking.fc2.com/analyze.js" charset="utf-8"></script>

プロフィール

食いしん坊小リス

Author:食いしん坊小リス
女ひとり旅にはまってしまって、
はや10年。
パワースポットは、
タイムズスクエア!
​旅の計画を練り、旅の思い出に
ひたりながら、黙々と働く日々。

ランキングです

FC2Blog Ranking

参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログへ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
参加してます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR