ビッチョビチョにかっこいい! Sing InThe Rain@ シアターオーブ

いってきました!

Sing In The Rain

singintherain.jpg

歌も踊りも素晴らしかった。
来日公演で、こんなレベルの高い舞台が観られることは
めったにないと思います!!
主演アダム=クーパーはじめ、オリジナルキャストなんだって。

ストーリーを簡単にご紹介。
サイレント映画のスターカップルとしてもてはやされるドンとリナ。
実は、リナがドンをおっかけてるだけ。
ドンは、駆け出しの女優キャシーと恋に落ちてしまいます。
時は、トーキー映画の黎明期。
ドンとリナも時代の波に逆らえず、トーキーに挑戦しますが、
なんと、リナの声がまずい・・・。
一方、キャシーは声も演技もすばらしい!!そこで〜?

いかにも!昔のハリウッド、ブロードウェイなストーリーですが、
スーパーダンサー・クーパー版です。
振り付けが優雅で美しい。
ダンスシーンに見せ場がいっぱい。ストーリーを引き立てます。

それから。
すごくシンプルなボーイミーツガール物語だけど。
「声」というモチーフを真ん中に据えて、
旧時代のスターと新時代の若手の対立を作ることで
芝居として、しっかりした構成が生まれてるんだな、と思いました。

あの名曲、Sing In The Rainのシーンは、
映画へのオマージュもたっぷり。
(他にも、名作ミュージカルのオマージュがそこそこ見られます!)
ファンの期待を裏切らない、
オーソドックスだけどレベルの高い演出、
それを高める、役者たちの技量。
クオリティの高いものは、やっぱりおもしろい。

サイレントからトーキーへの変化にとまどう登場人物を見ながら、
モバイル時代の新しいコミュニケーションにとまどう自分も
負けずにがんばらないとなあ、と思いました。




スポンサーサイト

島は魚っしょ。 石垣島一人旅⑥

晩ごはんは、あずさ丸へ。

azusamaru1.jpg 

友人にオススメされました。

ガラリと戸をあけると、小上がり数席とカウンター。
地元の方も、家族連れも楽しそう。いい感じ〜。
カウンターは常連さんぽい方たちが、楽しそうに飲んでいたので、
小上がりに座らせていただきました。

オススメは?と聞くと
「今日は、刺し盛りなのよ。一人じゃ多いかなあ。
 でも、ペロリと食べる方もいるのよ」と。

はい、ペロリといきますよ。

お皿が来た時は、「!」と自信をなくしまいたが。
イカはとろけそう。
マグロももっととろけそう。
おいしくって、おいしくって。
さて、これでいくらでしょう?

azusamaru2.jpg 

なんと500円!

こちらのフーチャンプルーが650円。(もちろんおいしい)

azusamaru3.jpg 

魚が高い東京モンには、この値段設定がまったく理解できませんが。
すばらしい晩御飯でした。

kassy1.jpg 

その後は、徒歩15分くらいでカシーズバーに移動、
お店の方、他のお客様と気さくに話せる
いい感じのバー、ついついお酒もすすみます。
八重仙の樽醸造と、赤ワインピノ・ノワール2杯。

ふらふらと千鳥足で、宿に戻りましたとさ。

<script type="text/javascript" src="//11008269.ranking.fc2.com/analyze.js" charset="utf-8"></script>

サンセットはたそがれて。 石垣島ひとり旅⑤

(更新つづけまーす)

西表島から戻る船で、石垣島を眺めて。
今日は夕陽がきれいそう!
と、ふんだので。

レンタカーでフサキビーチへドライブ。
石垣港から、10分くらいね。
リゾートホテルの中のビーチですが、
一般人もはいれまーす。

日が沈むまでは、ちょっと時間があったので、
膝まで海に使ってみました。
水はまだ冷たいけど、透明が半端ない。
これが海だとすると、関東の海はなんなのでしょう?

椅子に座って、本を読みながら、さらに日が沈むのを待ちます。
短い時間でしたが、水につかったあとの気持ちよいだるさ。
何の理由はないけど、なんだか黄昏ます。
ひとりでも、ロマンチックな気分。石垣パワーですね。

海なので、
どうしても水平線に雲がでてしまうのですが
(水蒸気があがりますからね)
桟橋からいい写真が撮れました!!

ishigakisunset.jpg 


<script type="text/javascript" src="//11008269.ranking.fc2.com/analyze.js" charset="utf-8"></script>

牛に乗って、マンタのもとへ。 石垣島ひとり旅④

西表島ツアーの続きでーす。

港からバスで移動して、由布島に向かいます。
由布島は、台風で住人がみんな退去してしまったあと
1組のご夫婦だけが残って、木を植え、みんなの帰りを待った。
その土地を植物園として開園して観光地になったそうです。

iriomote14.jpg 

牛車で10分くらいかな。
今日の水牛はイチローさんです。

iriomote9.jpg 

おじさんが歌も歌ってくれます。

植物園に入って、まずランチ!

iriomote11.jpg 

ただの幕の内じゃん、と思ってはいけません。
チャンプルー、ミミガー、天ぷら、黒糖煮のお肉、
一通り沖縄料理が食べられます。
もちろん、おいしい!!

由布島で1時間ほど自由時間があります。
ので、ぶらぶらとビーチへ。

iriomote12.jpg 

マンタ浜

ここ、今回の旅で、ナンバー1ビーチ。ナンバー1スポットです。
向かいにある小浜島との間の珊瑚礁がマンタの通り道なんだそうです。

海の音がカラカラきれい。

iriomote13.jpg 

カフェでいまが旬のカボチャのジェラートと、コーヒーいただきました。

やばい、帰れない。
マンタにとりつかれたかのように
ぼーっとすると時間を忘れます。

集合時間に、あわてて牛車に乗りました。

名残おしいけど、石垣島にもどりまーす。


<script type="text/javascript" src="//11008269.ranking.fc2.com/analyze.js" charset="utf-8"></script>

マングローブって木じゃないんだって。 石垣島ひとり旅③

ご存知でした?
マングローブって木はないんですよ!
亜熱帯の河口汽水域(川と海が交わるところ)に
できる森林地帯のことなんだって。
「マングローブの森」っていうと
「森の森」、「白い白馬」になっちゃうんですー。

今回の旅の最大の目的。
マングローブを見に、出発!

西表島へ!

やまねこツアー
石垣島からの半日ツアー、前日に予約しておきました。
8時15分に離島フェリーターミナルで
チケットを買って乗船します。

iriomote1.jpg 

具志堅さんに見送られて8時40分出航です。

なーんにもない海と、
竹富島、黒島、小浜島を見ながら、
1時間ほどで西表島へ到着〜。

iriomote2.jpg 

港で、マングローブクルーズの船に乗り換えます。
仲間川、沖縄県で3番目に長い川を
1時間ほどクルーズします。

わかります?

iriomote4.jpg 

iriomote3.jpg 

マングローブの中にはいろんな木があるんです。

鳥のさえずりが聞こえて、
大きな蝶が飛んで。
異国です。ジャングルです。
西表島の90%は、人が住んでいないジャングルです。

iriomote6.jpg 

その中でも大きいのが、
こちらのサキシマスオウノキ。

iriomote5.jpg 
 
樹齢400年らしい。(あくまで、推測)
根っこが平べったくて白いのが特徴。
昔は、この根っこを削って、
家を建てたり、船にしたりしてた、とか。
(今は、保護区なので一切禁止です)

iriomote7.jpg 

ピンクのお花は、セイジカ。
まぼろしの花と言われてて
西表島でも、人が見られるところにある木は
とっても珍しいんだそうです。
お花が咲いてる時にいけてよかった!

港に戻ってきたところで、
バスに乗り換えて、次の目的地へ。
ツアーは続きますー。

こちらおまけ。

iriomote8.jpg 

なんと!シジミです。
南の国で育つと、こんなに大きくなる!!
(ちなみに、
 臭くて食べるのはちょっと・・・らしいです)

<script type="text/javascript" src="//11008269.ranking.fc2.com/analyze.js" charset="utf-8"></script>

フェードル そこは、2時間半の古代ギリシア。

久しぶりに、しっかりした芝居を観た!!


フェードル @シアターコクーン


http://www.phedre.jp/


ギリシャ悲劇を土台に書かれた、17世紀のラシーヌの古典。

古典×古典。

ザ・芝居。


あらすじは。

アテネの王妃が義理の息子に恋をする。

その裏切りが王に露見するのを恐れた王妃のせいで、悲劇が起きる。


歴史が始まって以来、(神様の時代だから歴史以前か)

人は許されない恋に身をやつしてきたわけですね。

どうしてやめられないんでしょうね。だめだとわかってるのに。


ほとんど台詞です。動きは、台詞を伝えるためにある。

しかも、膨大。思いを吐露する膨大な言葉だけで芝居は進みます。

もちろん、歌も踊りもありません。

正直言えば、最初のうちは世界に入り込むのが大変でした。

だけど、台詞一言一言をちゃんと聞いてると、ことばが美しい。

(翻訳もすばらしかったと思います)

人間の心の動きが、恋が、嫉妬が、こんなに美しい言葉になるのか!!

言葉のシャワーに酔いしれてしまいました。


舞台の上にいたのは、

大竹しのぶや、平岳大ではなく、確かに、ギリシアの女王、王子。

役者の演技力とか個性とか、一切感じず、

言葉と戯曲の世界にとっぷりつかる2時間半でした(休憩なし!)。


改めて。

演出家ってすごいなと思いました。

実力派の俳優たちの個性ではなく、

ひとつの演出のもとに、俳優たちが演技し、舞台がつくられていました。


最近、役者に「あて書き」した芝居だから面白い。と、よく言われますが。

役者の個性まかせにしない(もちろん個性は必要だけど)、

練り上げられた芝居が、私は好き。と改めて思います。


ほんと。

本物のお芝居を観ました!


<script type="text/javascript" src="//11008269.ranking.fc2.com/analyze.js" charset="utf-8"></script>











一人旅でもひとりじゃない宿・ちゅらククル 石垣島ひとり旅②

今回選んだ宿は、
ちゅらククル
初、ゲストハウス体験です。

東京から3時間半、南ぬ島石垣空港に到着後、
空港の脇のレンタカーショップ(予約済み)で車を借りて
石垣港へは20〜30分かな。
国道は、気持ちよく走れますが、町中は道が混んでるので要注意です。

到着した「ちゅらくくる 石垣島」
グッドデザイン賞獲得の、新しいお宿です。

cucuru3.jpg 

スタッフさんたち、ちょっととっつきにくいのかな?と思いましたが。
それは、ゲストハウスへの警戒心からみたいで。
説明を聞いたり、駐車場の手配をしてもらって、
会話がすすむうちにお互い笑顔に。
いろいろルールを説明してもらいました。
就寝スペースは、飲食・おしゃべり禁止。
冷蔵庫自由、キッチン自由、でも、使った食器は、もとの場所へ。
共同生活ですね。

予約した個室はこんな感じです。

cucuru1.jpg 

板一枚で区切られてるだけだから、
もちろん、目覚ましの音も、いびきも聞こえちゃうけど、
プライバシーは守られてるし、金庫もあるから安心。
ロープとパイプがあるので、洗濯物も干せます。

そして、なにより。お部屋も、共有スペースも、お掃除が行き届いていて清潔です。

共有スペースには、漫画がいっぱーい。

cucuru2.jpg 

ここで、泡盛を飲みながら、漫画を読んでいると、
みんなの会話が聞こえてきたり、
ときどき、声をかけられたり。

ほどよくひとり、ほどよくみんな。
ゲストハウスもいいな!
リゾートホテルとは違う、くつろぎがありました。

<script type="text/javascript" src="//11008269.ranking.fc2.com/analyze.js" charset="utf-8"></script>


♩はじまりは、いつも肉〜♩ 石垣島一人旅①

東京から石垣島まで約3時間半。

南の島のひとり旅は、

石垣牛のステーキとの出会いからはじまり、はじまりー!

IMG_5101.jpg 

飛行機に乗ってただけなのに、お腹が空いてしまいました。

初日から、やりすぎじゃないか、一人でどうなのか。

などというためらいは、食欲の前ではちっぽけなもの。


いざ!パポイヤへ。


石垣島に行くと行ったら、何人もの人がここへ行け、と。

メニューを見ると、結構高い!? 

しかも、ボリュームある?と思ったけど、

ここまで来て、ひるむわけには行きません。


サーロインステーキセット(200g)をオーダー!


生ビールを飲みながら、

まだやりすぎじゃないかとドキドキしてる私の前に、

ぬっと顔を出したのはメガネのシェフ。


「今日は、絶対ヒレ!」

えー!私の英断をそんなに簡単に覆さないでよ。

と思いましたが。

「ね、テンダーロインね」

と、生肉まで見せてくれるので、、、


そりゃ食べるでしょ。


テンダーロインステーキセット180グラム6500円。

サーロインより20グラム少ないから、さらに割高。

(でもらスープ、サラダ、ライスつきで、石垣牛A5ランクですから)


見てビックリ!食べてビックリ!

ミディアムが、素晴らしいミディアム!

外側しっかり焼けてて中が真っ赤。お味は、サッパリ濃厚。

あらゆる矛盾が舌の上でひとつになります。

ご指示通り、最初はなにもつけずに、

次は石垣のお塩で、ソースはデミグラスと、玉ねぎワサビの二種。

この玉ねぎワサビのソースが絶品です。ごはんにかけてたべたい!つれて帰りたい。


しあわせー!


初日から、おなかも心も満たされてしまいました。あとは、寝ててもいいかもー。


酒屋さんで、石垣でしか買えないという、

旅酒という泡盛を買い、

IMG_5102.jpg 

宿でチビチビやりながら、風の谷のナウシカを読みました。


ああ、しあわせ。


<script type="text/javascript" src="//11008269.ranking.fc2.com/analyze.js" charset="utf-8"></script>

プロフィール

食いしん坊小リス

Author:食いしん坊小リス
女ひとり旅にはまってしまって、
はや10年。
パワースポットは、
タイムズスクエア!
​旅の計画を練り、旅の思い出に
ひたりながら、黙々と働く日々。

ランキングです

FC2Blog Ranking

参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログへ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
参加してます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR