ちょっとブー。。。キンキーブーツ@シアターオーブ

これ見るためにブロードウェイに行こうかなあ。と思ってたら。
日本にくるっていうじゃないのよ。(ドラァグクイーン風・・・)

キンキーブーツ

あらすじは。
父親の靴工場を継いだ主人公が経営難を切り抜ける秘策として思いついたのが、
なんと!ドラァグクイーンのブーツを作ることだった!!
シンディローパーが楽曲を担当!トニー賞受賞の話題作!!

キンキー2


もちろん、期待に胸を膨らませ。
そして、最近忙しかったので元気をもらおうと思ってたんだけど。
まあ、期待しすぎだったかなあ・・・。

もちろん、メインのEverybody Say Yeah や Raise you upはじめ、いい曲はたくさんあるし。
さすが!と思わせる演出、振り付けもあるんだけどなあ。

前半の盛り上がりまでの助走が長い、たるい。。。
から、盛り上がりが来るころまでに乗れない。。。
それから、ドラァグクイーンのダンスが。。。

キャストのみなさんでーす。

キンキー1


片方の主演・ドラァグクイーン役のJ・ハリソンジー君は、ブロードウェイの新星という触れ込み。
スタイルもめちゃくちゃよくて、それが10センチ以上のヒール履いて踊るので迫力あるし。
若者が一生懸命やってる爽やかさは、それはそれでいいものなんだけど。
最後の最後、振り向いて後ろに歩いていくときの腕の振り上げとか、
のけぞった後の首の振り返りとかが、雑なんだよなあ。踊りがとまっちゃってるんだよなあ。

ドラァグクイーンものって、
彼の踊りと歌と演技で、人格に共感を呼べるかが全てなのに。
ものすごい細かいところだけど。
歌が終わると素になってるのが見えてしまって冷めてしまう。

ほんと、うるさい観客ですみません。

ブロードウェイのキャストも来てたようだし、
素敵なシーンもたくさんあったけど、
どこかちぐはぐだったなあ。

来日公演で、
本場で見るよりもよかった!っていうチームワークの舞台もあるのに。
今回は、うまくいってなかったのかなあ。

あまり、悪い書き込みがないので、
ほんと心苦しいのですが。
期待が大きくて、残念すぎたので・・・。



スポンサーサイト

もう一度。君の名は。

祝 シッチェス・カタルーニャ賞受賞!!

見ようよ。

そう言われたら抵抗できない。
君の名は。は、そんな映画になったんじゃないんだろうか。
というわけで、2回目いってきました!

(以下、二回目なので当然ネタバレ)

さすがに、前半はたるかったし、粗も見えてきちゃった。

みつはとたきくんの話が、ぐちゃっと交錯しながら、
主役=主語が変わっていく。
日本的といえば日本的だけど、
日本の観客も、ハリウッド映画を見慣れてるし
ちょっと素人くさい印象もある。。。。

たきくんがみつはの村を探すところ。
時間のずれという、このストーリー最大の要因が
解明されたんだか、されないんだか、
時間のずれのメタファーがすごくあいまい。
これも日本的といえば日本的なんだけど。

お酒飲みながら見てたせいもあって、ちょっと眠くなっちゃった。

なのに・・・。
なのに・・・。

クライマックスで泣いちゃってるんですよ。

ああ、なんであのときすれ違っちゃったんだろう?
もっと探さなかったんだろう?

きっと誰もが一度はある記憶を
ブワーーーーーっと刺激するんだよなあ。
あの映像と音楽が。

そして、やっぱり、1回目と同じ思いになります。
なぜ、なぜ、人間は、いや日本政府は、
いや、私たちは、あのとき予測できなかったのか。
あの人たちを救えなかったのか。

さて。世界の人はどう見るのか?!
楽しみですね。

あなたが好きかも@鈴木其一 サントリー美術館

出会いってありますよね。

名前も、存在さえ知らなかったんです。
鈴木其一さん。
駅で見かけたポスターで、気になって気になって。
展覧会がはじまると同時に、見に行ってまいりました。
(ブロブ書くまでに間が空いてしまったので、会期終了が迫っております!!)

鈴木其一 サントリー美術館(10月30日まで)

琳派ですから嫌いなはずはないんですが。
とはいえ、鈴木さんは琳派誕生から数百年たった江戸末期の江戸の方。
戦国から江戸初期の新進気鋭のアートに取り組んだというより、
時代を経て、すでに古典?ともなっていた琳派に弟子入りし、
江戸、そして明治に残した方(のよう)です。

ひとつは、青がすばらしかったこと。
琳派の代表作ともいえるあやめではなく、朝顔の青なんですが、
紫でもなく、群青でもなく、青。
よく知ってる色なのに、見たこともない青。

もうひとつは、すごく勉強してること。
琳派のお家芸、三十六歌仙図はじめ、過去作の習作が多い。
しかもいい!新しくなってる
日本(だけじゃないか)の美術のすてきなところだと思うんですが、
同じモチーフに、リスペクトしながら挑んでいく。
映像や音楽のオマージュとはちょっと違う、おもしろいですよね。

そして運命感じちゃったのは。
勉強してるにつながるんですが、
奈良の信貴山絵巻を習作してる!!
5月に奈良国立に見に行って惚れてしまったあの絵巻を
彼も好きになってたなんて。

時代を超えて、
この好きになっちゃった気持ち。
届くといいんですが。。。。

:後期の展示に入れ替わっている!!会期終了までにまた行けるといいんですが。

プロフィール

食いしん坊小リス

Author:食いしん坊小リス
女ひとり旅にはまってしまって、
はや10年。
パワースポットは、
タイムズスクエア!
​旅の計画を練り、旅の思い出に
ひたりながら、黙々と働く日々。

ランキングです

FC2Blog Ranking

参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログへ
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
参加してます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR