お花見京都2 花より京料理 じき宮ざわ

雨足が弱まることなく夜になり、、、 花はあんまり見てないけど、
ま、いいか。
だって!

旅のメインイベント!

じき宮ざわ
にうかがいました。

のれんをくぐると、細長いカウンターだけのお店。
7千円のコースをいただきました。

食前酒をいただいたあと。


先付けは、ホタルイカと穴子。 こんなトロンとした穴子、初めて食べたー。 カツオのお造りは、菜の花が乗って。 味も付いていて、凝ってるんですが。 素材を生かしたシンプルなつくり。

スペシャリテの焼き胡麻豆腐。 外カリ中とろ~んの、生まれて初めての食感。


季節ですからね。 若竹煮。 焼き物は桜鱒。中がレアな焼き加減が絶妙。 お皿もすてきですね。 カウンターの中で、 若い板前さんの手で次次と完成していくお料理は、 目にも楽しい!!
今回、一番のヒットが、 この、あさりの小鍋仕立て。 うどと木の芽。 おだしは、野菜だけというシンプルさ。 一口目は、薄味で物足りない気もするんですが。 箸がすすむうちに、やみつきの美味しさに。 お酒もすすむ~ お燗をお願いしたら、 祭蔵舞(まつりくらぶ)というお酒でした。 仕込み水も一緒に出してくれます。 すっきりしているのに、 味わいがあって、お料理とよくあいます。 このあと土鍋で炊いたごはんと、 お漬物、白味噌で炊いた特製のじゃこ。 お腹いっぱいのはずなのに、美味しくてごはんおかわり! そして、果物と、 お抹茶と特製最中まで! 一品一品凝ってるんだけど、飾ってない。 お店の方たちも一生懸命だけど、気取ってない。 カジュアルな雰囲気で 美味しい京料理がいただける。 寒い雨の夜、おなかの底からほっこり。 あー、美味しかったー。
スポンサーサイト

お花見京都1♪雨の日は花より団子~



ちょっと遅めのお花見に。
京都に行ってきたんですけどね。

今年の京都、4月に入ってからほとんど雨なんですって。
ソメイヨシノは、パッと咲いて、パッと散ってしまったんだとか。

私たちが訪れた日も、朝から冷たい雨が。ダウンコートがあってよかった!

と。
最初から悪天候はわかっていたので、
品川駅9時17分の新幹線に乗って京都に着くと、

半年ぶりのご無沙汰でした~
IMG_2733.jpg

鶏岩楼へ直行。

何度食べてもおいしいなあ。
こぶりのおどんぶりに、ごはんたっぷり、とろとろの卵。
甘さ控えめ、うま味はしっかり。
ちゅるちゅると卵とじをごはんに絡めて食べると、ちょうどよくなくなる!
おなかがはち切れない、上品な量。

さすが、お花見シーズン。
平日ながら20分くらいは並んだかな。
でも、回転が早いのでそんなに気にならなかったです。

なんとなーく。
桜を求めて、傘をさしながら歩き出しましたが。
なんとなーく。
お口が甘いものを求めているようで。。。

桜を見る前に。。。

IMG_2614.jpg

花より団子ならぬ、
桜より餅

粟餅所澤屋に、初めて行ってみました。
平野神社前の老舗。休日だと行列してるんですが。
この日は、引き戸を開いたら、お店の方そろってお出迎えされてしまいました。

あんこときなこ、二種類の粟餅は、
とってもシンプルなお味ですが。
私、プチプチした食感のもの大好きなんですよ。
ほっこりと、落ち着いた気持ちになりました。

さすがに、お餅でおなかが膨れたな。
雨だし、寒いし、
桜観てないけど、けっこう満足!!







春の大冒険4 または ♪天城越え 平成Ver.

さてさて。今回のメインイベントは?

天城越え

私の18番、石川さゆり「天城越え」を
自分の脚で(車だけど)越えてみよう!!

お昼まで温泉を堪能したあと
国道135号線を伊東~伊豆高原~河津へ。
ここから414号にはいり、山道を修善寺方面へ。

河津ループ橋を超えるあたりまでは、
そんなつもり全然なかったんですけどねえ。
天城峠のちょっと手前。
「旧天城トンネル」の看板が!!

国道を外れて林道にはいるので、3月末とはいえ山だから凍結も心配。
なのに、なんか呼ばれてしまった!!
思わず山に向かってハンドルを切ってしまいました。

しかし・・・。
「天城越え」は歌いだしから難しいけど、
ドライブも同じく、舗装はあっという間に途切れ、未舗装の林道に。
うーん、引き返した方がいいかしら???と思ってたら、

あった!!

kanntenbashi.jpg

歌詞のまんまだ!!

興奮してアクセルを踏んでしまいましたが。
あたりの様子が、本格的におかしくなるのはこのバス停をすぎてから。

♪つづら折り~

さながらのカーブが続く。
切り返すなんて無理。
バックも無理。

♪戻れなくてももういいの~

泣きながら、歌いながら、前にすすむしかありません。

P3250835.jpg

だんだん日も暮れて

♪ 何があってももういいの~

ほぼヤケになってきたところで、、、

♪天城隧道~

P3250834.jpg

よかったー。

車を停めて降りてみると、
さすが峠、ひんやりと肌寒い。
トンネルの向こうにうっすらと光が見えて。
ものさびしく、情緒あふれる世界でした。

改めて、フルコーラス熱唱!!

自撮り(非公表)をすませると、、
ライトを点灯!薄暗いトンネルへ。
怖いよー。何か出そうだよー。
そして、トンネルを抜けた下り道は、
轍が雨でえぐられてデコボコ!パンクを恐れながら、

♪くらくら燃える、地を這って~

降りてきました。

国道に戻ったときは、心の底からうれしかった~。

山が燃えるどころか、ジェットコースターのような天城越えでしたが、
これで、何か一つ越えられたんじゃないかなと思います。。。。

http://www.surugawan.net/guide/3.html

知らなかったんですが、この天城隧道は明治のトンネル技術の成果なんだそうです。
鉄道の通らなかった南伊豆の人たちの暮らしが、このトンネルで大きく変わったそうです。




春の大冒険3 または 静岡の地酒を求めて

日本の旅の大きな楽しみは、

地酒

ですよねー。

前回書いたように、
せっかく美味しい懐石をいただくんですから、
伊豆、静岡の地酒を楽しまなくちゃと思い、

地酒美酒利き酒セットをお願いしました。
酒1

グラスたっぷり一杯ずつ、おいしいお酒を試せる!!

伊豆に来たから、伊豆のお酒がいいかなと思ったんですが、
「池のさと」は、私の好みには少し甘口でした。
「臥龍梅」は、豪華な感じ。
3つの中で、一番好きだったのは、
正雪
キリッとしていて、澄んだ飲み心地。だけど、ふくよかで。
新鮮なお魚によく合う、おいしいお酒でした。

あとから調べたら、静岡市のお酒ですね。
帰りに探したけど置いてなかった。東京で買うのも難しいみたい。
地元で愛されてるお酒なんですね。

すっかりほろ酔いですが。
ちょっと飲み足りない、、、、。

そんなことになるんじゃないかと。
来る途中の酒屋さんで、
酒2
初亀を仕入れておきました。
こちらも静岡のお酒。
こちらは、どっしり系。ちびちびと飲むのにちょうどいい。

本を読んでは飲み、
新聞読んでは飲み、
テレビ見ては飲み、

そんな至福の時間を楽しみながら、夜は更けていったのでした。

酒3

こちら、帰りがけに買ってきた自分へのお土産。
富士山のお水がありますからねえ。
地ビールもいろいろあるようですー。





プロフィール

食いしん坊小リス

Author:食いしん坊小リス
女ひとり旅にはまってしまって、
はや10年。
パワースポットは、
タイムズスクエア!
​旅の計画を練り、旅の思い出に
ひたりながら、黙々と働く日々。

ランキングです

FC2Blog Ranking

参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログへ
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
参加してます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR