年越しニューヨーク⑨私のお気に入り!The Mercer Kitchen!

ニューヨークでどこが好きかと聞かれたら?

迷いなく答えるのが、ここ。

IMG_1967.jpg

Soho のHotel The Mercerにあるレストラン
その1階のカフェです。
ここで、朝、
ワッフルとかパンケーキ食べながらゆっくりするのが最高!!

ニューヨークに来たら毎回訪れている。

と、言いたいところですが。

なかなか、SOHOで朝ごはんというかブランチする、
なんて優雅な観光スケジュールにならないから、
実は、行きたいのに行けないところ、ナンバー1でもありました。

満を持して、今回朝ごはん。

IMG_1964.jpg

大好きなブルーベリーワッフル!!

前食べたときは、正方形が2枚だったんですが、
きっと、ワッフル型が変わったんでしょうねー。
薄くて、カリカリっとした皮で、中はフワッと軽くて。
上品でボリューム控えめで、
アメリカには珍しく、ちょっと物足りない、くらいの分量。
ホイップクリームも甘さ控えめで上品です。

コーヒーがね。
深入りでね。
これまたおいしいんですよねー。

P1030771.jpg

シンプルモダン。
ちょっと前の流行ですが、
これがニューヨーク!!って感じの空間。

P1030770.jpg

お店の人も、さりげなーくほっておいてくれるし。

午前中は、ここでゆっくり本を読む。
そんな優雅な時間。
が、もてる旅行をしてみたいものです。いつか・・・。









スポンサーサイト

年越しニューヨーク⑧生イディナだよ!IF THEN

更新遅れてて、やっと元旦!

IF THEN

@Richard Rogers Theatre G-1
1月1日 8:00PM

IMG_1926.png
(写真、小さくてすみません)

紅白歌合戦出場で日本でもおなじみになりましたね。
♪レリゴ〜Idina Menzelが主演です。

現代物の大人のおしゃれなミュージカル。
離婚後生まれ故郷のニューヨークに戻ってきたエリザベス。
公園で、昔の友達と待ち合わせ。
その時の彼女の選択で、”リズ”と”ベス”(どちらもエリザベスの愛称ですね)、
二つの人生がはじまります。

リズは、自然体のまま、恋に落ち、結婚し、子供を産み、、、
ベスは、キャリアウーマンになり、仕事で成功し、、、、、

二つのお話が同時に進行しながら、
どちらの選択をしたエリザベスも、悩んだり苦しんだりしながら幸せをつかもうとする。

というお話。

IMG_1949.jpg

セットもなんだか素敵なガーデンレストランみたいでしょ。
このオシャレな雰囲気の中。
ダイアンフォンファウステンバーグ、アバクロなどなど、
衣装、小道具とかもニューヨーク感満載。
2人のエリザベスの入れ替わりは、メガネをかけるかかけないかだけ。
セリフとか歌の途中で、とても上手にベスとリズのお話が入れ替わっていく、
というこじゃれた演出。
もちろん、二つのお話の違いは明確なので、
英語がよくわからなくても、ちゃんとお話にはついていけますよ。

とはいえ。こういう作りの舞台でありがちな。
舞台転換に演出、美術、衣装、など大部分の力が注がれちゃってるのは
ちょっともったいないなあ。と思ったけど。

なにより。
「レント」でデビュー。「ウィキッド」エルファバで不動の地位を得て、
映画「アナと雪の女王」のエルサに声で出演、主題歌でアカデミー賞まで獲ちゃった、
今、のりにのってる女優の満を持しての主演ミュージカル!
そのオーラとか、パワーとか、エネルギーを生で観れたのは貴重だなあ。と思います。

そして、
エルファバやエルサ、それからグリーのお母さんのように
激情型の役の多い印象だったんですが、
アラフォーの女性の切なさを繊細に表現してて、
どちらのエリザベスにも感情移入しちゃいました。

まあ、前日の1人8役のジェファーソン・メイズと比べると、
「私の歌を聴け!」感が強くて、
エンターティナーとしての成熟度はこれからだな、と思うけど。

IDENAばっかり話題にされるミュージカルですが、
エリザベスの友達・ルーカス役は、
こちらもレントのアンソニー・ラップ
久しぶりに歌声を聴きましたが、甘くてやさしい声
だいぶ年はいってると思いますが、
頭良くてやさしいけど、弱くて、めんどくさい男の子を演らせたら
この人の右に出る人はいないですね。

作品のよしあしはともかく、
今のブロードウェイの旬
ニューヨークを感じるなら、これ!という一本でした。

なお。
寒かったけど、出待ちしてみたところ。
IMG_1957.jpg

エリザベスの友達ケイト役のLa Chanze。

IMG_1956.jpg

こちらのイケメンは、隣の激情の LeMiserableの出演者。
なんて、気をとられてるうちに
IDENAは、黒のごついピックアップで華麗に去って行きました〜。










年越しニューヨーク⑦爆笑8変化!A Gentleman's Guide to Love&Murder

日記を書く場所の都合で、ミュージカルのレビューが遅くなってますが!
2本目のミュージカルです。

A Gentleman's Guide to Love&Murder
@Walter Kerr Theatre ORCESTRA J-5
12月30日 2:00PM

P1010731.jpg

「紳士のための、愛と殺人のガイド」
タイトルから気が狂っていて、どんなミュージカル?って感じですが。
2014年トニー賞の作品賞、脚本賞、演出賞、衣装デザイン賞4部門受賞。
要は、今いちばんいけてる新作ミュージカルってことです。
トニー賞の授賞式のパフォーマンスも素晴らしかったので、
こりゃー見るしかないな!と選びました。
文章にしちゃうとがっかりなので、こちらの公式サイトのビデオを見てみて!
http://www.agentlemansguidebroadway.com

あらすじは、
どうやらある貴族の跡取りになれる?!ことになった青年が、
莫大な財産を手にいれるために、
他の跡取り候補を殺すわ、相続人の女性を口説くわ・・・。
果たして彼の運命は?!

こうやって書くと、さらに気が狂った話ですが。

原作の小説はあるものの、
ディズニーでもない、
ヒット曲メドレーでもない、
スターの伝記モノでもない、
久しぶりの、本物の新作!が出たなって感じ。

しかも。
時代の気分を描いた現代物とちがい、
オーソドックスなのに新しいコメディ。
セットもこんな感じですから。
IMG_1923.jpg

衣装、セットはオールドファッション(舞台は20世紀初頭のイギリス)なのに
映像と組み合わせた演出は最新。
こりゃ、トニー賞は当然だ!!

P1010733.jpg

圧巻なのは、
ジェファーソン・メイズの1人8役!!
英語全然わからないけど、
時差ぼけで眠さ最高潮だったけど、
演じ分けられる8キャラクター全てがおもしろくて、
本当によく笑いました。

そして。
なんでミュージカルが好きなのか?!
ってことが少しわかった気がする。
ストレートプレイと比べると、
自然と、歌や芝居の向きが観客に向いている。
パフォーマンスで、小屋全体に語りかけて、
舞台の上と観客が一体化できる。
(特に、ブロードウェイの小さな小屋ではそれが強い)
人間を描くお芝居の魅力と、ライブの一体感のいいとこ取り。
それが、ことばもわからず外国から来た私を
こんなに楽しませてくれるんじゃないかと。

なんて。えらそうに書いてますが。
マチネはだめだな。
時差の関係で、眠気マックス。
(日本時間の深夜にあたりますから)
8変化がおわってしまった2幕目は、よく寝てしまいました・・・。
けっこういい席だったのに、もったいない・・・。

P1010732.jpg

12月31日は、どの劇場も夜公演はないので仕方ないんですが。
終演後外に出ると、写真の通り厳戒体制!!
タイムズスクエアで年越ししたい場合は、
マチネ観てると手遅れです!!







年越しニューヨーク⑥ニューヨークは新年もクリスマス!

日本はクリスマスが終わると同時に、お正月。
一気に街は和風になっちゃいますが。

キリスト教では、クリスマスの翌々週までクリスマス。
ツリーも、デコレーションも、そのままなので、ニューヨークは

IMG_5012のコピー

あのロックフェラーのツリーもこの通り!

5番街の方に振り返れば、
サックスフィフスのショーウィンドウは、

IMG_5181のコピー

IMG_5196のコピー

おとぎ話シリーズ。

IMG_5161のコピー

こちらティファニー
華やかですね。

IMG_5154のコピー

バーニーズ
写真だとごっついだけですが、
音楽と連動して動く、最先端なオブジェでした。

なんでもないビルのパテオでさえ、
IMG_5201のコピー

こんな感じにキラキラ。

31日のタイムズスクエア付近以外は、
クリスマスほどの混雑はなく、
ゆっくり散歩しながら、キラキラの街を楽しむには
年末年始はぴったりでしたよー。






プロフィール

食いしん坊小リス

Author:食いしん坊小リス
女ひとり旅にはまってしまって、
はや10年。
パワースポットは、
タイムズスクエア!
​旅の計画を練り、旅の思い出に
ひたりながら、黙々と働く日々。

ランキングです

FC2Blog Ranking

参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログへ
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
参加してます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR