吉良ですが、なにか? ですよ。

いやー。笑いました。

吉良ですが、なにか?

作   三谷幸喜
演出 ラサール石井
主演 伊東四朗
個人的な趣味でいうと、笑いが濃すぎるんですけどね。
(演出は違いますが、古くは「アパッチ砦の攻防」とかね)

お芝居見ながら、声がでちゃったの久しぶりでした!
わかりやすい笑いで、
セオリー通り、といえるのに。
「え!なんで?!」ってびっくりさせられて、
笑いっぱなし。

ストーリーは、
吉良上野介が松の廊下で切られたあと。
入院してるところに、子供たちがやってきて、もめてるところに、
愛人もやってきて~って、
すでに破綻してるから
あらすじだけ書くとなんのことやら、ですよね?!

伊東四朗さん、戸田恵子さんがいると、
舞台も笑いも、ぐっと引き締まるのは当然なんですが。

駿河太郎さん、おいしい役だったとはいえ、がんばってたなあ。
これから注目ではないか、と思います。

えー。
こちらも14日までです。
お急ぎください。
スポンサーサイト

ほろ酔いでやんす。ONCE 

更新止まってましたが。
この秋、見たり、聞いたり、食べたり、行ったりしたことを
備忘録として。。。。

まずは、久々に見たミュージカル!!

トニー賞を受賞したときから、
見たくてたまらなかったんです。

ONCE ダブリンの街角で

映画をミュージカル化した作品。

ダブリンのとある街角で、
恋人に去られて、生きる望みを失っていた”男”が、
ある”女”との出会いをきっかけに、
好きだった音楽への情熱を取り戻して、そして2人は・・・。

という、シンプルなストーリーなんですが。

まずは、音楽がすばらしい!!
そして、台詞や歌詞のことばが美しい!!(字幕だけど・・・)

さらに、音楽はすべて、キャストによる生演奏。
主役の”男”はギター、”女”はピアノ、脇役の人たちも役にあわせた楽器を手に、
ずっと舞台上にいる、という演出。

2時間弱ですが。
優しい音楽に包まれてたなあ。
という感覚。

生演奏の演出もおもしろいんですが。

開演前と中間の休憩中、
舞台がアイリッシュパブになって観客が舞台にあがれるのも
素敵な演出。
(開演前は、いつの間にかキャストが舞台上に登場して演奏してくれます!)

IMG_2241.jpg

ビールやウィスキーを片手に、観られる
日本では珍しい舞台です!!

観られてよかった〜。

今日もサウンドトラック聞きながら、
スコッチをくいっと一杯やってるわけで。

12月14日まで公演中。
ぜひどうぞ!
プロフィール

食いしん坊小リス

Author:食いしん坊小リス
女ひとり旅にはまってしまって、
はや10年。
パワースポットは、
タイムズスクエア!
​旅の計画を練り、旅の思い出に
ひたりながら、黙々と働く日々。

ランキングです

FC2Blog Ranking

参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログへ
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
参加してます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR