忘れられない味。燕京(ヤンジン)ビール!!

香港報告、第二弾は・・・。



燕京(ヤンジン)ビール!!
大瓶1本140円!!(ハイネケン200円のところ)

出会いは、男人街の屋台。お店の名前は忘れてしまいましたが、辛い蟹の店、的な名前。

蟹道楽のような、蟹さんが目印です。

香港到着を祝っての乾杯。
最初は、ハイネケン、青島とよく知っているブランドではじめたんですが。
ポスターやPOPがいっぱい貼ってあるので、これはキャンペーン中?!
しかも値段もお得!!と注文してみましたー。。。

最初に飲んだ人は無言、
二番目の人はプッと吹き、
三番目の私は・・・?!味がない?!と不審顔。
三人の様子を見ていた四人目は、恐る恐る・・・。

ごくっと飲みほすまでは水のようですが、甘い味が舌に残ります。
いろんなアジアのビールを飲みましたが、初めての味。
これが、中国ビールなの?!
まわりを見回すと、みんなおいしそうに飲んでましたー。

そのあと行ったレストランはどこも「燕京」置いてなくて。
忘れられない味になりました。
東京でも「燕京」飲めるお店、あるみたいなんで行ってみまーす。

さて。このお店の料理報告はまた次回。










スポンサーサイト

世界一の麻婆豆腐は香港にあり?!

NYでも、ミュージカルでも、一人旅でもないのですが。
週末、仕事の仲間たちと香港旅行に行ってきました。

名付けて、「世界一の麻婆豆腐を求めて!の旅」

金曜日一日だけ有休をとって2泊3日。
羽田発着ということもあって、十分すぎるほど遊んで、飲んで、食ってきましたー。という訳で・・・羽田から香港へこれが、その噂のマーボーです。



雲陽閣(yun yan sichuan) http://www.yunyan.hk/eng/restaurant/dish.html
NATHAN ROAD  のMIRAMAR ショッピングセンターの4階にはいっている
四川料理のお店です。

そもそもは、仲間の奥様が10年前に食べておいしかった!という麻婆豆腐。
お店はすっかりキレイになって、様変わりしているようですが、
お味は・・・。
世界一かはともかく、花山椒がピリリと利いて、本格四川。
もちろん辛いのですが、うまい。味わい深い。
日本ではなかなか出会えない味かと思います。

このくらいの辛さならいける、と四川をなめてしまった一行。
マーボーだって、白いごはんにのせて食べてたくせに、
思わず、
「この店でいちばん辛い料理を!」と発注してしまいました。
(酒のいきおいですね)



「水煮牛肉 Poached Sliced Beef in Chilli Broth
メニュー名は、
どこが辛いんじゃー、という感じですが。
食べてみると、

どこが水煮じゃーーーー

唐辛子と油で、薄切りの牛肉をぐつぐつ煮た感じです。
お肉はすごくやわらかくて、これまた旨味があって、
とてもおいしいのです。
とにかく辛いなんてものではない・・・。
火を噴くというのは、このことです。

一生懸命、お肉だけひろってごはんにのせて食べました。

地元の人が、誕生会や接待で使っている雰囲気の
ちょっと気取ったお店ですが、
ドレスコードなんかなく、気楽に行けます。
4人でビール飲んで、紹興酒飲んで、デザートまで食べて約12000円でした。

ただし。次の日のおなかの調子は・・・。
飛行機に乗る前日にはおすすめしません。







THE PHANTOM THE OPERAで、女の怖さを知る。

今日は、あの、
オペラ座の怪人 THE PHANTOM THE OPERA



あらすじは、あえて書く必要もないかもしれませんが。かんたんに。

19世紀のパリ・オペラ座。
無名の歌手クリスティーヌは、謎の声に指導されてめきめきと上達。
すてきな恋人までできてしまうのだけれど。
クリスティーヌを指導していたのは、実は、オペラ座にすみつく怪人(ファントム)。
クリスティーヌに密かに恋をしていた彼は、なんと彼女を誘拐し・・・

映画も見てたし。実はあまり好きなお話じゃなかったんだけど、
一度は見とかないとね、というのもあり・・・



2006年10月6日 8:00の公演@MAJESTIC THEATRE
日本からTELECHARGEで予約して$111.25のオーケストラ席でした。
ファントム役は HOWARD McGILIN。
あとから知ったのですが、ファントムの最多上演回数を誇る人気の役者。

すばらしかった!!
オープニングにシャンデリアがガーンとあがるところから
(見てない方、ネタばれでごめんなさい)
オペラ座の世界にぐいっと連れて行かれます。
しかも、ファントムの中のファントム、McGILINの歌がすばらしくて。
大好きなミュージカルになりました。

実は、いい席なの前に座ったのがでっかい海軍さんたちで
舞台はとても見にくかったのですが、
途中からそういうことも気にならなくなりました。

とはいえ。英語なので、細かいココロの機微までは理解できず。

後日、東京で劇団四季の公演を見たんですけど。
ことばがわかると。

クリスティーヌって、ひどい女!!

だって、あんなに親身に歌を教えてもらって。やさしくされて。
いい役をもらえたのもファントムのおかげで。
カレが自分を好きなのわかってて。しかも、途中まで自分もカレにやさしくしてたのに。

醜くくて怖いからって、急に悪人扱い。
「わたしを好きになるなんて、あなたのまちがってるわ」的な言いぐさ。

そりゃないんじゃない?!

ファントムがかわいそうで、かわいそうで。
ミュージカルでこんなに感情移入したのは珍しい。

とはいえ、私も10代のころ映画で見たときは、
ファントム気持ち悪い、くらい思っていましたから。
年をとると変わるものですね。さすが、名作!

ロンドンでも、ニューヨークでも、公演継続中です。
http://www.thephantomoftheopera.com/new_york/








SPRING AWAKENINGで、アンチエイジング。

更新遅れました。
誕生日がすぎて、ついに・・・。ちょっと落ち込んでいたもので。
というのは冗談ですが。

今日は、若いエキスをいっぱい吸えるミュージカルをご紹介。

それが、SPRING AWAKENING!!


2008年9月25日8:00の公演@ EUGENE O'NEILL THEATRE
チケットは、前日に劇場のボックスオフィスで購入。
確か、前から5列目くらいで$122。
(残念ながら、2009年1月で閉幕。ロンドン、シドニーなどを巡回。
 昨年、劇団四季も公演しました)

お話は、
19世紀ドイツ。学校も家庭も教育は超保守的。
高校生たちは、毎日、大人へのイライラしています。
そんななか、恋に落ち、無知なせいで、妊娠してしまった一組のカップル。
親は当然、中絶手術を受けさせますが、潜りの医者による手術で、
彼女は死んでしまう・・・。

ドイツの有名な戯曲が、ミュージカルに。
シリアスでくらーいストーリーですが、
ハイティーンのイライラとかモヤモヤを、ロックにのせて叫びまくるので
パワフルで、エネルギーがある舞台です。

舞台セットもシンプルで、10数名分の客席は、舞台上にある、みたいな、
”ブロードウェイ”ぜんとしていない、下北の小劇場的な芝居づくり。
パンフレットの表紙そのままのセックスシーンもあり。
男の子たちがお尻を出すとか、そういうことで話題になりがちなミュージカルなんですが・・・



そんなことより。アンチエイジング!なんです。

なにしろ、出てくる役者が若い!!
ブロードウェイの出演者って、オーディションを勝ち抜いてますから、
役柄が若くても、演じているのは30代以上なんてことは普通ですが。
このミュージカルは違います。さすがに10代ではないと思うけれど
高校生役の人たちは、男の子も女の子も
「これがブロードウェイデビューでーす!パパ・ママありがとう!!」みたいな人たちばかり。
体当たり演技、とはこういことか、というくらい。
叫ぶは、跳ねるは、抱き合うは、キスするは。
でも、芝居って時には技術が邪魔になることがある。
体当たりだからこそ、”若さ”にリアリティが生まれ、”春に目覚め”た若者の
ひりひりする感情が伝わってきたんでしょうね。

どんな美容液より、いいエキス吸った?。って感じ。

作品の情報は、こちらがくわしいです。
http://www.moon-light.ne.jp/musical/Spring-Awakening.htm

:余談ですが。
 隣の席は、当時、007になったばかりのダニエル・クレイグでした。
 今思えば、肩でもたたいておけばよかった。
 セックスシーンで、「ハハハ」って笑ってる、ふつうのおじさんでしたけど。


プロフィール

食いしん坊小リス

Author:食いしん坊小リス
女ひとり旅にはまってしまって、
はや10年。
パワースポットは、
タイムズスクエア!
​旅の計画を練り、旅の思い出に
ひたりながら、黙々と働く日々。

ランキングです

FC2Blog Ranking

参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログへ
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
参加してます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR