MOMAもおいしゅうございました。

ニューヨークで年越し、という方たちは、すてきなディナーを予約されてるでしょうか?
ひとり旅だと、さすがにちゃんとディナーする勇気はないので・・・。
だんなさまの駐在でニューヨーク在住の友人を、一夜お借りしました。

MOMA美術館の一階にある The MODERN 
http://www.themodernnyc.com/
SATCの映画でキャリーが婚約を発表する、あのレストランです。
夜だからお庭は見えにくいけれど、雰囲気は最高!!

メニューは4品選ぶプリフィクスか、
シェフおすすめの12品が”small potion"で出てくるTasting Menu
私たち、いい年して(?!)Tasting Menu($125)に挑戦してしまいました?。
せっかくですからね。

スターターです。最初の3品。これで二人分なら、いけるいける!!


前菜。トマトのムース。おいしい?。


前菜もうひとつ!フォアグラのテリーヌ。大好きー。


ツナのタルタル。これ、たぶん、このレストランのスペシャリテです。


お魚料理。タラですね。ソースが絶妙でした。


そして、オマールエビのビスク。これも大好き!!
でも、お口直しには濃厚なお味。。。。



次はお肉?かと思ったら。お魚のムース、もう一品。流行のアワアワソースでした。



やっと、メインのDUCK BREAST。マーマレードソース。焼き加減もよかったです。
とはいえ、これ、あくまでsmall potion。


中年の胃袋は破裂寸前なんですが。
”チーズは?””チョコは?”と、ワゴンですすめに来ます。さすがに無理。なぜなら・・・



デザート2種類。チョコレートケーキは濃厚?。
食べた、食べた?。
(実は、プラスでコーンにはいったミニアイスもいただいてます・・・)

どのお皿も洗練されてて、いいお味。
ワインも飲んで、一人$200はいいお値段ですが、大人の旅なら一回くらいはね。
ぜひ、おなかをすかせて挑戦してください。

美術館で食べてばかりでアートはどうなんだ?って感じですよね。
別の日に、マティスのコレクションだけ見てきました。そのうち、書きます。


スポンサーサイト

ニューヨーク年末の定番!「くるみ割人形」

年末年始はニューヨークで過ごします!
って人が、私のまわりに続出です。宣伝しすぎたかな。
とはいえ、今年は大寒波、大雪で大変!!飛行機飛ぶといいけど。
去年の年末も天気悪かったんですが、あそこまでじゃなかった。

雪のセントラルパークは、絵本の一ページのようでしたよー。時々、馬車が通ります。
雪の女王が乗ってるかも?!と思ったりして。
今年行く方たちも、すてきな景色を楽しめるといいのですが。

絵本の世界をさらに体験するなら、「くるみ割人形/NutCracker」。
ニューヨークシティバレーのクリスマスシーズン恒例の演目。
リンカーンセンターのニューヨーク州立劇場での公演。


劇場の入り口からおとぎの世界ははじまります。



お話は、有名な「くるみ割人形」
クリスマスプレゼントにもらった、くるみ割人形。
夜中に、クリスマスツリーの下に戻って、こっそり人形の様子を見に来ると・・・。
ツリーがどんどん大きくなって、大きなねずみと人形の戦いが・・・。

おとぎ話じゃない!と馬鹿にするのは簡単だけど。
セットも、衣装も、人形たちの着ぐるみも、どれをとっても夢の世界。
どこをとっても裏切られるところがなくて完璧!!
ディズニーの世界はディズニーがはじめたことじゃなく、
アメリカのエンターテインメントの伝統なんだなあと思いました。

ミュージカル好きとしては、バレエは退屈かも?!と思ってたんですが。
わくわくしました。
少女に戻った一夜でした。
こういう正当派を素直に楽しめるのは、年取ったからかもしれないけど。

来年、12月にニューヨークに行く方はぜひ!!
http://ticket.at-newyork.com/nyc_ballet_nutcracker.html

NYのクリスマスはキラキラ!!

おわっちゃいましたねー。クリスマス。
去年の今頃は、ニューヨークにいたのに?。
12月25日?29日の短い旅行で、天気悪くて雪は降るし、
街は世界のおのぼりさんだらけで混んでるし・・・
でも、キラキラ見るだけで幸せになれます。今年も行けばよかったな・・・

5番街なんて、年末のアメ横と渋谷のセンター街とお正月の浅草寺を
ひとつにしたみたいな人手なんですが。
25日はお店がやってないのでガラガラ。イルミネーションの撮影にはピッタリです。
フェンディは、ベルトです。


バードーフグッドマンは、上品ですね。


プラザホテルもけっこう好きです。


バーグドーフクッドマン、モダンなディスプレイもありました。


でも、やっぱり見たいのはリンカーンセンターのツリーでしょう。


全米から選ばれたツリーですからね。華やか。
あこがれのスケートリンク。一生に一度は滑りたい。


ホテルやオフィスビルのツリーもすてきでした。
ヒルトンホテルは、お菓子がいっぱい。


ヒルトンのお向かいのワーウィックホテルは老舗ですね。オーソドックス。


タイム&ライフビルは、白を基調におしゃれですね。


そして、派手なのはラジオシティ!とってもアメリカらしくて好きです。


来年のクリスマスはニューヨーク!!と、今から夢見ております。

おいしいグッゲンハイム美術館

さて。日があきましたが、予告通り、ニューヨークおいしかった話の続き。

9月27日 予報通り朝から雨。計画通り美術館巡りの日にしました。
グッゲンハイム美術館。ぐるぐるとぐろ巻いた感じ(ライトの建築ですよね)
がなんとも好きなんです。
と、いいつつ、いきなり食べ物。



1階のホール奥に、”The Wright"というレストランがありました。
http://newyork.keizai.biz/headline/53/(2009年12月オープンだそうです)
ぱっと見は、ちょっとしたカフェっぽいので、カウンター席で
軽くサンドイッチかなと思ったんですが。メニューを見たら、なかなか魅力的。

























右の拡大写真の上から5番目。
Organic Chicken Breast
なんちゃらかんちゃら。
やわらかく蒸した胸肉が、プチプチの大麦のソースの上にのっています。
味付けは、チキンのだしが効いていて、
やさしく上品。
付け合わせのアスパラとネギ之盛りつけも繊細でしょ!!
これでパンがついて$34。
ランチにしては贅沢ですが・・・。



パンがこれまた、おいしい!!フィガロのニューヨーク特集でもほめてあったとおり。
隣のおじさんは、カウンターを指でたたいて、パンのおかわりを要求していまいた。

そうそう、白ワインも飲んじゃいました。$10
だって、ウェイターさんが ”How about Drink?" って聞くからねえ。
(お水でけっこう、とこたえてもいいわけですが・・・)



食後のコーヒーのカップ。アルモドヴァル監督デザインみたいでした。
そういえば、グッゲンハイムってスペインにもあるんだったな。
内装の気楽さに対して、料理の味は本格的!行き当たりばったりで入りましたが、
お気に入りのレストランになりました。

http://www.guggenheim.org/
展示は、Kandinsky in Bauhaus  バウハウス時代のカンディンスキーのコレクション、
やさしくて、ホワンとしてて、好きできした。
















アベニューQでニューヨーク気分

すっかり間があいてしまいました。だって、ずっと仕事で休みがなかった・・・
気づいたら、今週はクリスマスですよ。はー。ニューヨークのクリスマス、きれいだろうなあ。
そんな憂鬱な日々から、少しだけ夢の世界へ連れて行ってもらったのが、
昨日見た

アベニューQ!!!!!!!


来日公演、12月26日まで、東京国際フォーラムでやってます。
2004年、あのウィキッドをおさえてトニー賞最優秀作品賞ほか3部門を受賞。
2009年までのロングラン公演だったうえに、今でもオフブロードウェイで上演している、
という人気ミュージカル。

見るべし!とはいうものの。

だってお話が・・・
大学を卒業したてのプリンストン、ニューヨークの下町アベニューQにやってきたはいいけど、
仕事もなくて、お金もなくて、貧乏なアパートの住人と友達になりながら、人生の目的を探す。
アメリカ社会の問題をモチーフにしたコメディ。
ニューヨーカーが大好きなブラック(?!)ジョークがいっぱい。主役はパペット、、、、。
ニューヨークらしいといえば、ニューヨークらしいんだけど。

英語わかんないでしょ。
劇場でみんなが笑ってるのに、きょとんとして座ってる自分が目に浮かび、

その点、来日公演はいい!!字幕つくもんね。キャッキャッいって、笑いましたよー。

主演のパペットたちですー。
いきなり、”It Stucks To Be Me"(おれってサイテー)と歌いながらショーが開きます。
前向きじゃない感じ、かなり私好み。



私のいちばんのお気に入りは、トレッキーモンスター。



















































かれ(?!)の歌う、
”The Internet Is For Porno"(インターネットはポルノのため)って曲は最高です。
「カレは、インターネットですてきなメールをくれたわ。インターネット最高!」
という女の子に、
「そのあとカレが何したか知ってる?ポルノサイトいって?、チャックおろして?」
って歌うわけです。

この歌に限らず、
”Everyone's Little Bit Racist"(みんな少しは差別主義者)とか、
”Schadenfreude"(他人の不幸は蜜の味)とか、
みんな思ってるけど言わない真実を、堂々と明るく楽しく!!歌う。
もちろん、楽曲のレベルも高い(オリジナル楽曲賞もとってますから)けど、
メッセージがすてき。気持ちが明るく、幸せになりました。
"The More You Ruv Someon"(誰かをアイするほど)って歌では、
「殺したい人を捕まえて、殺さなかったら、その人を愛してるってこと」!!
まさにそう。
「自分愛し過ぎ?、友達大事にし過ぎ?」だっけ?!JPOP、爪の垢でももらいなさい!

2時間15分のニューヨーク。やっぱり好きだなあ、ニューヨーク





アメリカだっておなかにやさしい la bonne soup

更新が遅くなりました。
忙しくて、ニューヨークに行ったのが遠い昔のよう・・・
しかも忘年会シーズン突入。
酒でつかれたおなかにやさしいお話を。

la bonne soupe
http://www.yelp.com/biz/la-bonne-soupe-new-york
5番街と6番街の間、55丁目
赤いひさしが目印の、かわいいお店。古くからある名店のようです。

到着したその日の夜行きました。
フライト中一睡もできず、眠いし、体調もいまいち。
でも、和食やチャイニーズに逃げたくない!
そんなときにぴったりのお店です。
























$18.25で、スープ、サラダ、パン、デザート、おまけに飲み物も一杯ついてくる!
いいの?!ってくらいリーズナブルでしょ。

オニオングラタンスープが有名らしいですが、
アチアチ!とゆっくり食べる気力がなく、
メニューいちばん上の soupe paysanne a l'Orge マッシュルームとラムのスープにしてみました。




で、でかい!!
けれど、味付けがとてもマイルド。マッシュルームのだしがよく出ていて、ゆるーく塩が聞いている。きのこ、タマネギ、お肉の食感が楽しいので、量が多くても飽きない。
疲れた胃(出発前、飲み会続きで・・・)には、とてもうれしいスープでした。

しかも、



パンも、サラダもおいしそうでしょ。
サラダの野菜がフレッシュ、ドレッシングはほどよくパンチのあるサウザンアイランドでした。
白ワインも飲んじゃったし。

白を貴重にしたカフェのような内装、テーブル、椅子、食器はいたってシンプルで肩がこらない。
食べ終わる頃には、飛行機疲れもほどよくとれて、私、ニューヨークに来たんだー!!
って、気分が盛り上がってきました。

そして、お楽しみの


カスタードプデイング。プッチンプリン5個分くらいの大きさですが、
ペロッといただいてしまいました。
デザート、もうひとつの選択肢はチョコレートスフレで、そちらも興味あったんですけどねー。

おいしさ、お値段、気軽さ、滞在中、毎日通って全スープ制覇しようかと思ったくらいですが。
他にも食べたいものはいっぱいあって・・・

というわけで、次も、おいしいお話を更新予定です。


プロフィール

食いしん坊小リス

Author:食いしん坊小リス
女ひとり旅にはまってしまって、
はや10年。
パワースポットは、
タイムズスクエア!
​旅の計画を練り、旅の思い出に
ひたりながら、黙々と働く日々。

ランキングです

FC2Blog Ranking

参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログへ
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
参加してます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR