マチュピチュ大人旅(36)自分へのお土産は旅の思い出!!

マチュピチュ大人旅シリーズも
最終回!!

長い間、おつきあいいただきありがとうございました。

今も、触れるたびに旅の楽しさ、
ペルーのすばらしさを思い出す
自分へのお土産たちです!!

旅の準備をしているときは、
遺跡に夢中で、「ペルーで買い物なんて?!」
とまったく期待してなかったんですが。
結果的には・・・

IMG_1019.jpg

ベビーアルパカのコート。
日本での値段の、○分の一!というのもありますが、
上品な色、ニットの襟、シンプルですがフェミニンなシルエット。
もちろん、着ると、軽くてあったかーい!!
この冬、大活躍しました。

買ったのは、ラルコマルの中のSOL ALPACA

大きいお店で、
一見、デザインやぼったいかなあと思うんですが、
一生懸命探すと

IMG_1018.jpg

こんなのも、この冬大活躍しましたよ。

ラルコマルの中には、アルパカのお店がもうひとつありますが、
わたしは、SOLの方が気に入ったかな。

そして。
これからの季節、活躍しそうなのが。

IMG_1017.jpg

カシミアのロングカーディガン

IMG_1016.jpg

ピマコットンのニット

こちらは、PORTICOという、
日本人オーナーさんが経営するセレクトショップ。
ツアーの最後に組み込まれていたんですが。

このお店のもの、ぜんぶほしーーーー!!
洋服、ストールのセレクトセンスがとてもいい!
(日本人好み!ってことですが)
他にも、小物、コーヒー豆、チョコレートなど、
クオリティの高いものがそろっているので、
ちょっといいお土産さがしにもぴったりです。

IMG_1020.jpg

スーツケースいっぱいにお土産を詰めて
楽しい思い出も、苦しい記憶もたくさん持って、
最後にリマ空港でお土産買い足して、

IMG_1030.jpg

IMG_1028.jpg

無事に帰ってきたというわけです。

いろいろあったけど。
もし、チャンスがあれば、また行きますよ!!マチュピチュ!!

P9243248.jpg

次回からは、通常ブログに戻ります。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

マチュピチュ大人旅(35)ペルーショッピング お土産篇

長かった旅の報告のおわりは、
お土産特集!

いわゆるペルー・アンデスらしいものから、
私なりの発見まで、ご紹介します。

IMG_1024.jpg

アンデスといえば!
の、カラフルなニット・織物
街のあちこちにある、インディオマーケットで買えます。
私は、リマのアルマス広場近くのマーケットで買いました。
同じようなお店が並んでいるので、
うろうろして、趣味の合うお店を選んで!!
”アルパカ!アルパカ!”言われるけど、真偽のほどは、まあね。
帽子はこの冬自分でもかぶりましたが、あたたかかったです。
値段は、ほぼ言い値だから、交渉も旅の楽しみだと思ってがんばりましょう。

IMG_1026.jpg

小物つながりで、こちら。
ミラフローレス地区を散歩してたときにみつけた
MOANNAというお店。
やさしそうなおばちゃんが経営してます。
他にもかわいいものがたくさんありましたよー。

こういう小物って、
かわいい!と思ってくれそうな人の顔を思い浮かべて
選ぶのはすごく楽しいですよね!!

でも、一般的に喜ばれるのは、
食べ物!!

IMG_1032.jpg

IMG_1033.jpg

さきほどのMOANNA近くに、
ちょっと高級なスーパーマーケットがあったので、
いわゆる配りお土産を買い込みました。

なんてったって、ジャイアントコーンです。
ビールのおつまみに最高!!
うす塩味で、誰にでも好まれるはず!!

お料理好きや、天然素材にこだわる方には、
IMG_1023.jpg

IMG_1022.jpg

マラス塩田は深みがあります。
サチャインチオイルは、オメガ3がたっぷりとれます。
アンチョビ、カムカムのサプリも有名。
ホオバオイルは乾燥肌にぴったり。

日本の半分以下の値段で、クオリティのよいものが買えます。

ただし。どれも重いので、
帰りの荷物の重量オーバーに注意です。
それから、お塩は”白い粉”と疑われるので手荷物には入れないように。
私は、スーツケースに入れても調べられてましたけどね。

IMG_1027.jpg

カカオ、コーヒーの原産地でもあるので、
おいしいチョコレート、コーヒーがたくさんあります。
写真のチョコレートは、クスコの空港で
日本人のおばあさんたちがたかっていたので
つい買ってみました!有名らしいです。

素朴で、どこにでもありそうなんだけど、
なんかちょっと可愛い、珍しい。
そんなベルー土産、みんなに喜んでもらいました。
(と思います)

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

マチュピチュ大人旅(34)ピサロのお墓参り

リマのアルマス広場にある大聖堂・カテドラル
ツアーにも組み込まれていたんですが、
どうしても中に入りたかった。
(このために延泊したといっても過言ではありません)

そのワケは???

P9283543.jpg

征服者ピサロの棺が安置されているから。

インカ帝国の征服者であり、文明の破壊者であり。
でも、今のペルーにとっては建国の父でもあり。
キリスト教の伝道者であり。
人類にとっては、
南米の農産物や文化をヨーロッパに紹介するきっかけをつくり、
歴史を大きく変えた人物であり。

善人か?悪人か?

この旅をして、よくわからなくなった。
とにかく、歴史上の大人物を拝んで、旅を終わることにします。

舞台「ピサロ」でインカに恋した私にとって、ピサロは山﨑勤さんなんですけどね・・・)


解説は、スペイン語だけですが、
あんまりいいこと書いてないのは、なんとなくわかる。
ペルー人にとっては、征服者ですからね。

でも、ピサロのような、名を残したい男には
してやったり!じゃないかな。
700年以上もたって、自分の棺を見に世界中から人が来るんですからね。

さて。ピサロの棺は入口にひっそりと置いてあるだけで、
もちろん大聖堂ですから、メインは、

P9283549.jpg

こんな金ぴかの祭壇、
本場ヨーロッパでも今時おめにかかれないでしょう。
この国のカトリックの威信を感じました。

左右の回廊には、聖人を祭った祭壇が片側10近く。
それぞれ装飾もちがい見事です。

階段を下りて地下墓地も見学できるようになっています。
一人だと、ちょっとドキドキ。
しかも、骨を上から見下ろす感じ。
ちょっと申し訳ないと思うのは、日本人だからでしょうか。

カテドラルに隣接する、修道院も博物館として見学することができます。
こちらは、

P9283541.jpg

ステンドグラスがすばらしい。
お部屋、ひとつひとつもシックできれいです。
解説がスペイン語なので、
英語でもいいから見学ツアーにはいった方がよかったかも。

カテドラル

P9283558.jpg

のあるアルマス広場は、

P9283573.jpg

黄色の建物で統一されてます。(リマは広場ごとに建物の色が統一されてます)
ヨーロッパを感じる洗練されたたたずまい。

でも、一歩裏に入ると、

P9283580.jpg

人も、食も、歴史も、文化も、
奥深い、ペルーの旅報告、そろそろ終わります。

(最終回は、お土産特集じゃ!)

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

マチュピチュ大人旅(33)街のまんなかに遺跡やな!ワカプクヤーナ!

とにかく、プレインカに夢中!!

ワカプクヤーナ遺跡も見逃せません。

リマの中では、高級住宅街。
閑静なミラフローレス地区に突如現れるのが、

P9273471.jpg

リマ観光で気楽に訪れることができる、この遺跡。
西暦200-700年に栄えたリマ文明の
行政・神殿の中心といわれています。

ガイドツアーと一緒に回るシステム。
私は、写真の英語ガイドさん(かなり巻き舌)のツアーに参加しました。

男性・太陽が中心のインカとちがって、
リマ文明では、海、月、女性が中心だそうです。
海の近くで発達した文化だからですね。

まだまだ発掘途中なんですが。
地震に備えて隙間をあけて積まれたレンガとか。
横穴式の土葬のお墓とか。
1500年前の生活を垣間見ることができます。


P9273453.jpg

P9273455.jpg

こんな風に、ちょっとした歴史村になっております。

P9273451.jpg

お墓も発掘されてるので、骨格も再現。
当時のリマ人、中肉中背、かなりがっしりしていたようです。

遺跡の周りは、
ペルー原産の唐辛子、じゃがいも、パパイヤなどが植えてあり、
ちょっとした植物園。

さらに。

P9273465.jpg

代表的なペルーの動物たちもいます。
アンデスでは、高山病でゆっくり見られませんでしたからね。

P9273469.jpg

この正座姿、たまらないっす。

P9273464.jpg

マチュピチュ村でいただいた、あのクイちゃんも!!
憶病な動物なので、穴から出てきてくれませんでした。
ごめんね、こんなかわいい顔してるのに、むしゃむしゃかぶりついたりして。。。
高山病は、やっぱりクイのたたりだったのかなあ。
なんて、思いながら、、、

P9273476.jpg

遺跡の下に見えるのは、リマでも有名なレストラン。
夕方から夜、テラス席でライトアップされた遺跡を見ながら、
ペルー料理をいただくと、最高なんだそうです。。。。

おなかの調子さえよければ。。。


テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

マチュピチュ大人旅(32)美食の街リマのおなかにやさしいグルメ

美食の街リマ。
新鮮な海の幸!
注目のペルーワイン。


その夢を打ち砕いたのが、高山病だったわけですが。

ベルーで同じように体調くずされる方も多いと思うので、
参考までに
食欲がない人用のリマグルメ
をご紹介。
(食欲ないなら食べなきゃいいって、言ってるの誰ですか?!)

まずは、ホテルのあるミラフローレス地区の
ショッピングモール ラルコマル

の中の、カフェにて(お店どこだかわからなくなっちゃった)
P9263432.jpg
ほうれん草のスープです。

うどんとか食べたい気分だったんですが。
このモールの日本食はSUSHI BAR
胃腸が弱ってるときに、最もいらない・・・。

前述しましたが。
日本人からすると、暴力的に分量が多いのがペルー料理。

このほうれん草のスープも、こう見えて分量はかなりのものでしたが。
クリーム少なめ、野菜そのものの味がシンプルに美味しかった。

ラルコマルで、もう一軒のおすすめはchinese
IMG_1007.jpg

日本人の口に合う味だと思います。

P9273525.jpg

コーンスープ

P9273530.jpg

フライドライス

見かけよりは、油っこくなくホッとする味
食べきれない分は、テイクアウトにしてもらいましたよー。

弱ってるときは、
アジアの味が食べたくなる・・・。
やはり日本人ですね。

最後に、すこーし元気が回復した方は。

海岸沿いのシーフードレストラン 

PUNTA SAL


まで、足を伸ばしてみましょう。
海辺のドライブインレストランぽい感じですが。
P9283593.jpg

平日のお昼だというのに、地元の人でにぎわっていました。
ほんとは、セビーチェ(鮮魚のサラダ?!)が有名なんですが。
やっぱり、生物はちょっと心配。百歩譲って、

P9283597.jpg

エビのトマトソーススパゲッティ。
またまた大盛りですが、やさしいお味。
エビがぷりぷりしてましたー。

近くには
P9283583.jpg

恋人たちの公園
が、あります。
ま、近くにきたら寄ってみる、くらいでいいと思いますが。












テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

食いしん坊小リス

Author:食いしん坊小リス
女ひとり旅にはまってしまって、
はや10年。
パワースポットは、
タイムズスクエア!
​旅の計画を練り、旅の思い出に
ひたりながら、黙々と働く日々。

ランキングです

FC2Blog Ranking

参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログへ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
参加してます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR