秘密のビーチへ続く道 石垣島ひとり旅14

海は、上から眺めてばかりじゃつまらない。

こちら、ビーチに出られるカフェに
行ってみました。
nata1.jpg 

ナータビーチヴィラ

nata2.jpg 

コテージのレストランなのですが、
もちろん、カフェだけでも利用OK。

nata3.jpg 

ビーチに持っていけるランチボックスにもしてくれるそうです。
なんだか美味しそうだったので、、、
えーい、ダブルランチだ!

nata4.jpg 

ホットサンド、スープ、サラダ、デザート付き。
チキン、魚のフライと、目玉焼き、タルタルがぎゅーってホットサンドしてあって。
それぞれ混じり合ってて、ちゃんとひとつひとつおいしくて。
こういうホットサンドならいいね!!

他のメニューも、大盛りで美味しそうでした。
さっき八重山ソバ食べたばかりだから・・・。

カフェの居心地がよすぎて、
ずっといたい気もしましたが、
そうそう、ビーチにいくんだった。

ジャングルに分け入る小道をいきます。

nata5.jpg 

聞いたことない鳥の声がする。
でっかい蝶々が飛んでる。
落ち葉もでっかい。
迷子になってない?よね?

nata6.jpg 

2分ほど歩くと、
ふっと、前が開けて、

nata7.jpg 

ぱっと、海が目の前に広がる!!

nata8.jpg 

リーフが遠いんですね。
遠くで波がくだける音と、
手前で、水がチャプチャプする音の二重唱。

nata9.jpg 

水は透明です。
海の水って、青くないんだよ。

nata10.jpg 

ジーンズたくしあげてちゃぷちゃぷ。
足元をささっとえびが逃げて行きました。

帰りの飛行機までは、まだ少し時間があったので、
大浜のマックスバリューで買い物。
ANAホテルとマエサキビーチを見学しました。

nata11.jpg 

ジャングルを抜けてはいるビーチを見たあとだと、
整備されたビーチは、ちょっとがっかりかも。

レンタカーを返して空港へ。
運転中、ずっとがまんしてたビールをゆっくり飲んで。
さあ、帰るかあ。
ちょっと早い、大人の夏休み終了です。

<script type="text/javascript" src="//11008269.ranking.fc2.com/analyze.js" charset="utf-8"></script>
スポンサーサイト

絶景かな!絶景かな!展望台巡り 石垣島ひとり旅13

南の島で、なぜ北をめざすのか?
よくわかりませんが、
石垣島最北端、平久保崎灯台へ。

サビチ洞から、さらに30分くらい。
海沿いのくねくね道、遠いよー。
さいごは、薮の中をぬけます。
看板が出てるので、それに従っていけばOKです。

え?駐車場が混んでる?
すでに、世界的観光スポットの気配です。

hirakubo1.jpg 

それもそのはず、見渡す限り海。何もない。

hirakubo2.jpg 

ここをめざして、小さな船で沖縄本島から、
九州から渡ってきた時代のことを考えると、
驚きます。

絶景シリーズは続きます。

つぎは南へくだって玉取崎展望台へ。

tamatori3.jpg 

左に東シナ海、右に太平洋が同時に見える岬、
石垣島が見渡せる絶景。
白砂のビーチがずーっと先まで見えます。

展望台は夏の観光シーズンに向けてさらに工事中のようで、
こちらも世界的観光スポットになるんでしようね。
岬の上に絶景カフェがあるのですが、残念ながら定休日、、、
食堂の八重山ソバで腹ごしらえしました!

tamatori1.jpg 

tamatori2.jpg 


<script type="text/javascript" src="//11008269.ranking.fc2.com/analyze.js" charset="utf-8"></script>

鍾乳洞の出口は海! 石垣島ひとり旅12

海に出る鍾乳洞!と聞いて、
カーナビを頼りに北へむかいました。

遠いよー。けっこう、ほんとに遠いです。

途中長いトンネルを抜けます。
於茂登トンネル、全長1174m、沖縄県最長。
昔ここは難所だったと、島の民話で読みました。
一人で運転してると不安になる長さ。
この峠を歩いて超えた人たちは大変ですね。

トンネルを抜けてさらに北へ。
遠いよー、まだかなあ、
宿をチェックアウトしてから1時間くらいのドライブで

伊原間サビチ洞に到着!

駐車場の入口は国道沿いなので、わかりやすい。
入場料は1250円、高いかな。。。

ibaruma1.jpg 

入口はそんなに冷えてない。
仏像、泡盛など備えてあって
大自然の神秘というより、土着信仰感があります。
地面は滑るけど、照明もあるし観光地化されてるなあ。
ちょっとがっかりしたところで、
行く手に微かな光。波の音?

ibaruma2.jpg 

海にでる!素晴らしい。

ibaruma3.jpg 

引潮だと、奥の岩まで海の中を歩いて、
亀の形をした岩が見られるって。
大潮が狙い目らしいです。また来よう。

ibaruma4.jpg 

ibaruma5.jpg 

遊歩道を行くと、小さな砂浜に出ます。
誰もいない秘密の砂浜。贅沢だわ。

ibaruma7.jpg 

海辺で汗をかいたので、
帰りは鍾乳洞のひんやりが嬉しかった。
1250円も、高くないかもね(笑)

<script type="text/javascript" src="//11008269.ranking.fc2.com/analyze.js" charset="utf-8"></script>

Shopping in 石垣島 石垣島ひとり旅11

石垣島最後の朝。

いまさら、宿のファイルを見てびっくり!
毎晩前を通っていた、角のかまぼこ屋さん・マーミヤかまぼこ
石垣一!と言われているとか
JAの建物の裏にファーマーズマーケットがある!とか。

isigakimiyage1.jpg 

マークがかわいい!マーミヤかまぼこ。
もずくボーボーってひらべったいかまぼこと、
揚げたてのボールをいただきました。
薄味で美味しいじゃない!

ishigakimiyage2.jpg 

市場では、お野菜、くだものを散々眺めたあと、
塩やハーブティー、サーターアンタギーを
家族、友達と自分のお土産に買いました。

石垣ペンギンで買った石垣島ラー油もここにあったか、、、
でも、紅茶とジャージャン味噌は、昨日買って正解。

ishigakemiyage4.jpg 
(パッケージの写真をもとに再現しました)

あと、西表島で買ったスイートチリソースも自分でもへのお土産です。

ishigakimiyage5.jpg 

石垣島、八重山地域は、輸送費がかかるので物価は高いのですが、
地元で採れるものは別。
お肉も、魚も、野菜も地場のものは、新鮮で安くてしかも美味しい!
厳しいけれど、豊かなところです。





<script type="text/javascript" src="//11008269.ranking.fc2.com/analyze.js" charset="utf-8"></script>

お肉de Last Night! 石垣島ひとり旅10

もしかしたら、ナイトシュノーケルに行けるかも?
と、昼間お酒は控えましたが。
他にお客さんいなかったみたいで、催行なし。残念!

路線変更!
石垣島最後の夜は、肉再び!になりました。

宿の人にも、オススメを聞いたりしましたが、、、
みんなのおすすめ、やまもとのカウンター席にはいりました。
いろいろ食べたかったので、アラカルトで注文。
カルビ

ishiyamamoto1.jpg 

ネギ(玉ねぎ!)たん、

ishiyamamoto2.jpg

おいしい。肉が、とろける。やわらかい。

ishiyamamoto4.jpg 

泡盛の八重泉がお肉によく合うということもわかりました。
ステーキもよかったけど、この焼肉はやみつきになりそうです。
これに、キムチと冷麺。

ishiyamamoto5.jpg 

一人で、5600円はやりすぎです。


ちょっとお散歩ついでに、BAR NOBUへ。
洗練された素敵なバーでした。居心地もいいし。
お店のインテリアも、お酒も、音楽もいい。
さらに、お通しが、パッションフルーツのムース。
通いたい。いえ、東京に持って帰りたい。
ここは、異国のリゾートか?それとも、都会の一角か?
アップルパインのマタドールと、エスプレッソ泡盛
オリジナルカクテルをいただきながら、
ひととき、時間も空間も忘れて酔いしれたのでした・・・。

<script type="text/javascript" src="//11008269.ranking.fc2.com/analyze.js" charset="utf-8"></script>
プロフィール

食いしん坊小リス

Author:食いしん坊小リス
女ひとり旅にはまってしまって、
はや10年。
パワースポットは、
タイムズスクエア!
​旅の計画を練り、旅の思い出に
ひたりながら、黙々と働く日々。

ランキングです

FC2Blog Ranking

参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログへ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
参加してます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR